マットレスを廃棄することなった場合

マットレスを売ることばかり考えていて、不要となった時にどうするかを伝えきれてない場合が多いです。売っておしまいというのは、あまりにも心が無いように感じてしまいます。マットレスを捨てるとき、廃棄するときは、どうするかを説明しますので、参考にしてください。

クリーンセンターに持ち込むか、戸別収集をお願いするかのどちらかとなります。

マットレスを廃棄することなった場合

 

持ち込み

持ち込みは、市町村が定めた処分場、クリーンセンターに持ち込む方法です。
廃棄するのに料金が必要となります。

戸別収集

戸別収集は、市町村に依頼をして、回収してもらう方法です。1度に廃棄する点数が定められている場合が殆どなので、何を廃棄するのかを明確にしておくことが必要です。回収料金が必要となります。

基本的にマットレスは、特定廃棄物に分類されますので、粗大ごみで収集できな場合があります。そのような場合は、市町村が定めたクリーンセンターへ持ち込むことで、廃棄することができます。捨てようと思っているマットレスの種類を知ることが必要です。コイルが入っているマットレスなのか、ウレタンを使用したマットレスなのか。

 

コイルが入っているマットレス

スプリングマットレスと称して、特定廃棄物となります。これは、各市町村ごとに定められた、クリーンセンターに持ち込むことで廃棄することができます。その際には、所定の廃棄費用が発生します。各市町村ごとで異なりますが、約1,000円~2,000円くらいとなります。実際にクリーンセンターに持ち込んで廃棄したことがありますが、私の住んでいる地域では、2,000円が必要でした。

 

コイルなどが入ってないマットレス

1辺が80センチ以上のゴミとして認定され、机、家具などと同じ扱いとなり、クリーンセンターに持ち込むことで、廃棄することができます。

 

ウレタンマットレス

ウレタンマットレスの場合は、ウレタンという素材が、プラスチック原材料と見なされることもあります。どちらにしろ、サイズが大きいので、粗大ごみとして回収されない場合が殆どですので、クリーンセンターに持ち込むことが賢明です。私の地域では、プラスチック原料のゴミでも、ウレタンマットレスのサイズが大きいために、コイルが入っているマットレスと同じ、特定廃棄物に認定され、2,000円でした。

マットレスを買い替えるのも良いですが、捨てることを考えておくことも大切です。

その他の記事

コスパ 最強! 腰痛を軽減するマットレス 紹介... 更新:2018年09月14日 コスパ 最強! 腰痛を軽減するマットレス 紹介 コスパ...
ニトリの腰痛マットレスの特長・口コミ... 更新:2018年09月14日 ニトリの腰痛マットレスの特長・口コミ ニトリの腰痛マットレ...
腰痛マットレスを選ぶ時の5つの条件 腰痛マットレスを選ぶ際というのはある5つの条件を満たしている必要があります。   (1...
ライズの寝具 マットレス スリープマジック 口コミ・評判... 更新:2018年07月26日 ライズの高反発マットレスは、使用されているウレタンフォームが良質で、体...
マットレスのサイズ 夜の眠りは思っている以上に心身への健康に大きな影響を与えており、寝具はその人の暮らしに合ったものを選...
寝ていると腰が痛くなる理由 | マットレスが合わない... 寝ていると腰が痛くなる理由 | マットレスが合わない マットレスが合わないと血液循環が悪くなる 様...
モットン 更新:2018年09月14日   日本人の体形に合わせて設計された腰痛対策マッ...
エアキューブマットレス 口コミ・評判... エアキューブマットレス 口コミ・評判 エアキューブマットレス 口コミ・評判 エアキューブマッ...
腰痛に効く高反発マットレスの特長 腰痛の症状に悩まされ続けているなら、マットレスは高反発を使うことをお勧めします。高反発マットレスには...
マットレスに関する口コミ情報サイト 2017/10/01