車を運転しているときに使える腰痛クッション

 

 

腰痛と車の運転

私は、ゴルフをしていて腰が痛くなりました。腰が痛くても、ゴルフは楽しみたくて、腰が痛くてもゴルフに行ってました。腰が痛くてもゴルフに行きたくなってしまうほど、ゴルフが好きなのです。自宅から車でゴルフ場までは、近くても30分くらい。遠いゴルフ場であれば、1時間30分くらいです。1時間30分も車に乗っていると、腰が痛くなってくるのです。信号待ちで、車を降りて、背伸びをしたくなってしまうこともあります。腰が痛くなるのは、ゴルフを終えて、家路に向かう時です。帰宅途中で、休憩をして、背伸びをしたりして、腰周りを気遣ったりすることもありました。最近は、車のシートに取り付けられる、腰痛対策用のクッションを使ってますので、腰の痛みを軽減できるようになりました。

腰痛を軽減してくれるクッションは、車のシートりに取り付けることができるだけではなく、椅子に取り付けることができるタイプもあります。長時間座り続けて仕事をしているような人にも向いてます。

車のシートりに取り付けられるクッションは、トラックの運転手の人にも向いてます。

腰痛を軽減してくれるクッションは、衝撃を和らげてくれるというよりは、腰回りのS字を保つことができるような形状となっており、腰回りにピッタリな形となっています。これで、腰が折れ曲がってしまうことを防いでくれるので、腰痛を軽減できるという訳です。

ページ上に戻る

 
 

ゴルフ帰りの車の中で腰痛

ゴルフ帰りの車の中で腰が痛いなと思うことはありませんか? ゴルフだけではなく、車で遠方へ出かけて、車に長時間乗っていると、どうしても腰が痛くなってしまいます。やはり、長時間にわたって同じ姿勢で、座っていることで、腰回りの筋肉が緊張してしまい、痛くなってしまうのだろうと思います。

私は、ゴルフ帰りの車の中で腰が痛いなと思うと、信号待ちで車を降りて、背伸びして、腰回りを伸ばして、また車に乗り込むというようなことをしていた時期がありました。また、車に乗っているときに腰痛を軽減するようなマットを使っていたこともありましたが、あまり変化はありませんでした。むしろ、悪影響を及ぼします。

腰の痛みを軽減するために、車運転中に使用できるマットというか、座布団のようなマットを使っていましたが、座り難くて落ち着いて運転ができなくなります。これは、運転に支障が出ると思って使ってません。結局のところは、日々の腰へのメンテナンスが必要であるという結論に達しています。

ゴルフをするときだけ、腰の痛みを気にしていても、痛みが緩和することはありません。

ゴルフをして腰まわりに筋肉を使ったのであれば、ストレッチなどをして筋肉を解してあげることも必要ですし、寝ているときも腰に負担が掛からないようにしてあげることも必要となってきます。

ページ上に戻る

 
 

車の運転と高反発マットレス・低反発マットレス

ゴルフ場へ行くときには、車で行くのですが、帰宅するときは疲労感があることと、渋滞していることもあり、車の運転をするのがとても苦痛に感じる事があります。ゴルフ場へ行くときは早朝なので、ほとんど渋滞なしで行けるのですが、帰りは混んでます。それほど遠くもないのに、1時間少し掛かってしまうこともあります。この、1時間少しの車の運転というのが、かなり腰へのダメージが大きいのです。

ゴルフを終えたばかりの疲労感があるからか、どうしても早く家に帰りたいという気持ちが強くなります。だけど、渋滞。そして、車の運転で座りっぱなしで腰が痛くなってきます。車の運転をしながら、姿勢を変えることなてできません。座って運転しているのですから。

一時期は、車の運転による腰の痛みが嫌でゴルフへ行くのをやめていました。だけど、運動不足になってしまいますし、ゴルフ仲間にスコアで差をつけられるのが嫌なので無理してでも行ってます。

最近は、雲のやすらぎマットレスを使い始めてからは、車の運転も我慢できるようになりました。きっと、雲のやすらぎマットレスを使っていることで、寝ているときに腰の負担を軽減させてくれているからだろうと思います。最初は、マットレスが腰の痛みに効くなんて考えてませんでした。

今までは、日常生活で腰に負担をかけ、ゴルフで腰に負担をかけ、寝ているときにも腰に負担をかけていたのでしょう。雲のやすらぎマットレスを使い始めてからは、寝ているときの腰の負担は軽減された感じがします。ですから、日常生活での動作も容易となりました。そして、ゴルフ場へ行くときの1時間少しの車の運転にも耐えられるようになったんだろうと思います。

ページ上に戻る

 
 

車用の腰痛対策クッションの紹介

車を運転しているときの腰への負担を軽減してくれるクッションです。自動車の運転というのは、足を前に伸ばして、アクセルを踏んだり、ブレーキを踏んだりします。その時に、負担が掛かるのが腰周り、背中周りです。そして、もともと腰痛持ちの人は、車を運転しているだけで、腰痛が悪化してしまということもあります。そのような人には、自動車運転時の腰の負担を減らすことができるクッションを使うと良いです。

スタイル・ドライブ | 骨盤クッション


写真:MTG

価格:14,904円(税込)

 
 

スタイル・ドライブ・エス | 骨盤クッション


写真:MTG

価格:6,912円(税込)

 

ページ上に戻る

 

腰痛を軽減するクッションの口コミ

だんだん、寒くなってきて、夜寝る時に身体が冷えると、腰痛が酷くなったりすることはありませんか?腰痛を軽減するマットレスを買うのも勿体ないと思っている人には、腰痛を軽減してくれる三角クッションを使ってみると良いです。

三角クッションは、寝る時に腰の下に置いておくことで、腰の沈み込みを防いで、身体のS字カーブを保つことができます。これだけでも、寝ているときに腰周りの沈み込みを抑えて、腰を伸ばしてくれます。これだけでも、かなり腰痛を軽減させてくれます。

庭仕事をして、横になったりするときに使うのも良いですし、ゴルフを終えて帰宅して、横になるときに使うのも良いです。腰痛を軽減してくれるマットレスではないからこそ、手軽に使うことができるので、とても便利です。

腰痛を軽減するためのクッションは、腰痛枕と呼ばれることもあります。腰の下に敷いて、腰の沈み込みを抑えるので、腰枕、腰痛枕と呼ばれているようです。

ページ上に戻る

 
 

腰痛クッションを活用する

腰痛マットレス、高反発マットレスよりも、腰痛クッションの方が使い勝手が良いということもあります。寝るときに使用することもできます。価格も安いですから、腰痛を軽減してみたいと考えている人にとっては、腰痛軽減対策入門アイテムのような存在です。一度、お試しください。

私は、ゴルフを終えて帰宅した時に、横になるときに腰痛クッションを使っています。帰宅して、直ぐには眠ることができませんから。横になって休憩をするときに、腰痛クッション、腰枕を使って、腰の痛みを和らげています。

夜眠るときには、腰痛対策マットレスを使います。昼寝などの休憩をするときには、腰痛対策用のクッションをつかって、体のS字を保ちながら、腰周りを伸ばすようにしています。たった、これだけでも腰痛を軽減させることができます。

ページ上に戻る

 

その他の記事

猫背を予防するストレッチ器具 猫背を予防するストレッチ器具 | スタイル アスリートポール 自宅で簡単に身体を伸ばして猫背予防...
長時間の座姿勢による腰痛を改善するクッション... 現代人の多くが猫背で腰痛、ストレートネック、首こり、肩こりで悩んでいるとされています。パソコンを使っ...
ゴルフの腰痛を軽減するコルセット ゴルフの腰痛を軽減するコルセットに関する口コミ 目次 腰サポーター、コルセット おすすめのゴルフ用...
マットレスに関する口コミ情報サイト 2017/10/01