ゴルフの腰痛を軽減するコルセットに関する口コミ

 
 

腰サポーター、コルセット

腰痛で高反発マットレス、腰痛対策用のマットレスを使うというのは、睡眠時のときに使うためです。では、日常生活ではどのようにするのかと言いますと、腰痛を軽減してくれるサポーター、コルセットを使うという方法があります。

最近はコルセットという呼び名よりも、腰サポーターと呼ぶことが増えてきています。

私は、ゴルフが好きですから、腰痛になる確率が高いです。腰が痛くなれば、少しゴルフを休んで、腰の痛みが和らいだら、またゴルフをするという感じです。ですが、腰が痛くても、大切な人に誘われたゴルフを断ることができないので、腰サポーター、コルセットを巻いてゴルフラウンドをすることもあります。たまに、ゴルフ練習場でもコルセットを巻き付けている人を見かけたことがあるかと思います。後姿を見ると、腰の後ろ辺りから、コルセットが見ているような人も居ます。

腰サポーター、コルセットを巻いていると、腰への負担を軽減してくれますので、運動しやすくなります。スポーツじゃなくても、日常生活のなかでも普通に着用しておくことで、腰痛を和らげてくれますから、腰痛持ちの人はコルセットを使用するということも視野に入れてみると良いです。

実際に、私はゴルフをしますので、腰痛持ちです。日常生活の中でも、屈んだりすると、腰回りがコリコリと音がすることがあります。腰回りが硬くなっている証拠でしょうね。ストレッチをして、腰回りを解したりしています。そして、コルセットを巻いて腰痛を軽減できるようにしています。

ページ上に戻る

 
 

腰サポーター、コルセットを着けてゴルフをする

腰サポーター、コルセットを着けてゴルフをする場合には、地肌に直接コルセットを巻き付けると、地肌に直接サポートベルトが貼りつく形となりますから、少し違和感があります。人によっては、痛いと感じることもあります。ですから、肌着の上からコルセットを巻くと良いです。ですから、ゴルフ練習場で見かける、腰の後ろからコルセットが見えている人というのは、地肌に直接コルセットを巻くと痛いから、肌着の上、またはトレーニングウェアの上からコルセットを巻き付けているということです。

私は、腰が痛いときには、コルセットを巻いたままゴルフをしています。腰が痛くても、ゴルフがしたくなってしまうのです。コルセットは硬すぎると、腰回りの地肌が傷んでしまい、擦れてしまって痛みを覚えることがあります。これは、腰痛とは別の痛みとなってしまいます。ですから、コルセットは柔らかいタイプを選ぶと良いです。とくに、ゴルフは歩いたり、ゴルフスイングをしたりという動作をしますから、動きやすいコルセットがオススメです。

ページ上に戻る

 
 

ザムスト サポーター

 

ザムストの腰サポーターです。腰を包み込むようにサポートしてくれます。ゴルフをしてないときでも、装着しておくことで、腰痛を軽減してくれます。サポートベルトに強度がありますので、しっかりと腰をサポートしてくれます。Mサイズで75センチ~85センチとなっています。
サイズ:3L / LL / M / SS / S

ページ上に戻る

 
 

ミズノゴルフ サポーター バイオギア 腰用

 

腰をサポートするベルトにスリットが入っており、上半身の動きを妨げないようになっており、動きやすさがあります。スポーツ関連アイテムを販売しているミズノ独自のノウハウが詰め込まれている腰用サポーター、コルセットです。ゴルフをしているときの動作を邪魔することのない工夫が取り入れられています。ゴルフにも威力を発揮してくれます。メーカー型番: 52JJ4A91
サイズ:S:60cm~70cm, M:70cm~80cm, L:80cm~90cm, XL:90cm~100cm

ページ上に戻る

 
 

ミズノゴルフ サポーター バイオギアサポーター 腰用

 

腰をサポートするベルトがワンピースとなっており、ベルト1枚でしっかりと腰回りをサポートしてくれるタイプです。メーカー型番: K2JJ5B72
S:60cm~70cm,M:70cm~80cm,L:80cm~90cm,XL90cm~100cm

ページ上に戻る

 
 

バンデル コルセット

 

腰をサポートするベルト部分がコンパクトになっており動きにくさを軽減しながら、腰をサポートしてくれるタイプです。

ページ上に戻る

 

 

 

マットレスに関する口コミ情報サイト 2017/10/01
雲のやすらぎプレミアム 高反発マットレスの口コミ