時代が進化しているから、疲労も進化してる

 

人間の疲労も変化と進化をしている

プログラマーやエンジニアの人は、なんとなく肌で感じているかもしれません。時代が変化しているから、進化しているからこそ、人間の疲労も変化と進化をしていることを。

現代は、パソコンを使って仕事をすることが当たり前の時代となりました。それだけではなく、スマートフォンを使って、簡単に連絡をとることができます。電車を待っている時やちょっとした空き時間でもスマートフォンを使って連絡をすることができます。スマートフォンで連絡をするということは、仕事をしているということです。スマートフォンでゲームをしている人も多いかもしれませんが。

進化した時代、進化したデバイス

進化したデバイスを器用に扱うことで、私たちはうつむいた姿勢をとることが増えました。スマートフォンを上に向けて操作する人は少ないはずです。大半の人が、スマートフォンを手に持ち、スマートフォンの画面を上から覗き込むような、うつむいた姿勢をとることが増えてきました。この姿勢というのは、首に負担が掛かりますし、猫背になりやすく、腰にも負担がかかります。

身体の疲れも進化してる?

もともとは、首だけが痛かったのが、肩が痛くなり、背中が痛くなります。知らずうちに、腰痛持ちとなっていることもあります。年齢は、20代後半、30代前半というのに、身体は既に老化が進んでおり、自覚症状すらあったりします。

パソコンを使った仕事、座り仕事というのは、地味に身体に負担が掛かるものです。

マットレスにも変革が必要

変革の時代だからこそ、マットレスにも変革を与えて、身体の疲れをとれるマットレスを使うと良いです。健康第一です。あなたのプログラマーとしての能力と知識が必要です。あなたのパフォーマンスをフルに発揮できるようにするには、身体の疲れをとることであれ、快眠が必要です。そのためには、高反発で、腰痛に効くマットレスを使うことです。

昔からあるようなマットレス、敷布団がダメと言っている訳ではありません。現代人は、知らずうちに猫背になり、肩こり&首こりが当たり前で、腰痛持ちとなってます。そのような状況を把握して、現代人の身体に合ったマットレスを使った方が良いということです。時代が変化して、進化すれば、人間の疲労も変化して、進化します。

疲労の変化と進化に対応できるマットレスを使うことで、快眠できます。働き方が変われば、疲れ方も変わります。自分の疲れを癒せるマットレスを探してください。

おすすめのマットレスを紹介しますので、参考にしてください。

 

雲のやすらぎプレミアム

厚さ17センチの底付きしない、敷布団ライクなマットレスです。これひとつで、敷布団とマットレスの要素を持ち合わせており、便利に使えます。プログラマー、エンジニアの人、オフィスワークの人は、夏の方が腰痛になることが多いです。その理由は、エアコンです。エアコンによる冷えで腰が余計に痛くなるのです。雲のやすらぎプレミアムは、厚さなは十分にありますし、腰周りを温めてくれる、優しいマットレスです。超おすすめです!

九重部屋の千代丸関も絶賛 雲のやすらぎプレミアム 紹介動画

雲のやすらぎプレミアム 特長

  • 厚さ17センチ
  • お相撲さんが使ってもヘタらない
  • 通気性抜群

 

オクタスプリング

高反発ウレタンで作られた、スプリング形状の素材を使用したマットレスです。スプリング形状のウレタン素材を敷き詰めて、程度な反発力が得られるマットレスとなっています。通気性も良くなっており、春夏秋冬通して快適です。

オクタスプリング 特長

  • 3Dウレタンスプリング使用
  • 反発力と強度抜群
  • 通気性抜群

 

エアツリーマットレス

マットレスの表面に幾何学的な模様の切り込みが入ってます。その切込みにより、通気性をアップさせながら、適度な弾力と反発力が得られる構造となっています。

エアツリーマットレス 特長

  • 特殊な切込みで体圧分散できる
  • 適度な反発力で快適
  • 通気性抜群

 

エアキューブマットレス

マットレスの表面が凹凸となっており、身体を点で支えられるようになっています。寝ている時に、背中が痛い、背中が圧迫されてしまって、血流が滞ってしまうというような人に向いているマットレスです。高反発で寝返りのうちやすさを失うことなく、快適さを保ちつつ、点で支えられるマットレスです。

 

ネット検索でヒットするマットレスの口コミは怪しい

ネットで腰痛マットレス、高反発マットレスと検索をすると、色々なマットレスがヒットしてきますし、様々なマットレス関連口コミ情報があります。どれもなんだか怪しい感じがする?実際に使用した口コミも見かけるが、あまりにも絶賛しすぎじゃないだろうかと思うこともあります。そう思いませんか?どのサイトも紹介しているマットレスを絶賛しているからこそ、怪しく感じてしまいます。

最近、うちのサイトにも問い合わせを貰うのは、モットン、雲のやすらぎ です。品質って大丈夫なのですか? とか 怪しいのか?と聞かれますが、怪しくありません。怪しかったら買うのをやめれば良いだけです。

きっと、ネットで検索をすると、モットン、雲のやすらぎを絶賛するサイトが多くヒットしてくるからでしょう。殆どが、アフィリエイトサイトです。使用感を伝えようと、ステマのようになっていますが、マットレス自体は粗悪ではありません。しっかりとした品質管理の基でつくられたマットレスです。ただ、ネット検索でいっきに広がりを見せたマットレスメーカーもありますので、それが怪しいと感じてしまうのだろうと思います。

うちのサイトもアフィリエイトサイトです。雲のやすらぎ、モットンなどを紹介しているサイトです。アフィリエイトサイトが悪いわけじゃありません。あまりにも絶賛しているサイトが増え過ぎているということでしょうか。うちのサイトでは、騙しリンクとか誤魔化しリンクはありませんし、大袈裟な表現は避けるようにしています。

そして、今までに聞いたことのないようなメーカーが多いなと感じる事があり、あまり知らないメーカーだから怪しいと感じている人も少なくありません。聞いたことのないメーカー、始めて聞くマットレスでも、なかには良質なマットレスがあるのは事実です。また、マイナーなメーカーだからこそ、有名メーカーとは違ったアイデアで体圧分散していたり、通気性を良くしていたりもします。

実際に私自身がスポーツをしたり、座り仕事という酷な生活を送っているなかで、様々な腰痛マットレスを使ってきましたが、結局のところは価格勝負になります。つまり、価格が高いと品質が良いということです。当たり前のことです。色々な腰痛マットレスを使ってきたからこそ、うちのサイトでは、3万円前後で使えそうなマットレスを紹介しています。なかでも、キャンペーンで格安になっているマットレスもあります。そういった、腰痛マットレスを狙うというのもアリです。

腰痛マットレスに使われているウレタンフォーム質も大切ですが、ウレタンフォーム質が良くなれば、価格は高くなります。ウレタンフォームという材質の材料費が高くなるからです。とてもシンプルな原理です。

 

高反発マットレスの口コミ・腰痛マットレスも同じ?

高反発マットレス、腰痛マットレスに関する本当の口コミ情報を書きますので、参考にしてください。高反発マットレス、腰痛マットレスも実は同じなのではと思っている人も居ます。ある意味、正しいです。ネーミングが異なるだけであり、高反発マットレスも腰痛マットレスも肝要なのは、使用されている素材のウレタンです。専門用語では、ウレタンフォームと呼ばれます。

ウレタンフォームの反発力を活かしたマットレスが、高反発マットレスであり、腰痛持ちの人でも腰に負担を掛けることがなく眠れるから、腰痛マットレスと名付けられています。ネーミングが違うだけで、ウレタンフォームの反発力を利用している点は同じということです。

高反発マットレス・腰痛マットレス
高反発マットレスは、ウレタンフォームの反発が強く、沈み込み難いです。
マットレスのポイントはウレタンフォーム
ウレタンフォームの反発力を活かすことで、高反発となり、腰痛持ちの人にも良いマットレスになるということです。

 

怪しいと思ったらシカトすれば良いだけ

ネット検索してヒットしてきても、自身が怪しいと思ったらシカトして、別のサイトで情報を拾っていけば良いだけです。

 

高反発マットレスは怪しいと思われる理由

もともと、寝具、布団というのは、訪問販売による無理な販売勧誘があったり、催眠商法により販売されていた時期もあったので、怪しいと思われてしまうのでしょう。

 

今でも少なからずあるのが、訪問販売

布団の打ち直しをしませんか?
ダニが付きやすい布団だから買い替えませんか?
布団をクリーニングしませんか?
布団の無料点検をしませんか?

様々な言葉を用意して戸宅を訪問して、高額な請求をするという商法がありました。そのときの口説き文句として、ダニが付きやすい、腰に悪い、通気性が悪いから湿気で布団が悪くなどの巧みな言葉がありました。それらの言葉が、ネット検索される高反発マットレス紹介サイトにも記載されている言葉に類似しているという点が、怪しさを増幅されているように感じます。

特別な理論がある訳でもないのに、この布団を使って寝ていると体調が悪くなるという意味不明な言葉で、高級布団を購入させるというケースもありました。

 

催眠商法

催眠商法というのは、とある部屋や会議室に大勢の人達を集めて、商品の説明をしていき、購入を促すための雰囲気を作りだして、高額な布団などを売りつけるという方法。

人を集めて、最初は激安商品、お買い得所品などを紹介して、欲しい人は居ませんか?購入した人は居ませんか?と購入を促します。本当に激安商品ですから、皆さん挙手して、我が先にと購入しようとします。それらの商品は数に限りがあったりして、全員が購入できなかったりもします。購入できなかった人の購買欲求は満たされずに、何か購入したいという気持ちになります。

そして、購買意欲が高まったタイミングを見計らって、紹介される商品は、次第に高額となっていき、購買欲求を満たすためだけとなった人たちに売りつけるという方法です。催眠商法とか、ハイハイ商法とか呼ばれています。

 

マットレスは、怪しい

マットレスは、寝具であり、訪問販売の粗い売り方、催眠商法などがあったことから、怪しいと思われがちなのは、事実です。ですが、最近の高反発マットレス、腰痛マットレスを販売しているメーカーというのは、品質を重要視しており、消費者の意見を取り入れて、使い心地の良いマットレスとなっています。ネット検索してマットレスを購入するにあたって必要なのは、マットレスの知識です。マットレスに使用されているウレタンフォームの知識です。これを身に付けておけば、自分に合ったマットレスを探すことができますし、購入間違いを防ぐ事ができます。

 

高反発マットレス、腰痛マットレスはウレタンフォームのことを知ること

ネット検索で高反発マットレス、腰痛マットレスのことを調べたりして、購入しようと考えているのであれば、ウレタンフォームのことを知ることが大切です。ウレタンフォームという素材の反発力が高反発であり、高反発マットレスのネーミングともなっています。

腰痛マットレスというのは、反発力が高いので、寝姿勢を保って、腰に負荷が掛けずに眠れるので、腰痛持ちの人にも良いということを訴求するために腰痛マットレスという言葉が登場しました。腰痛が治るわけではないので、注意して下さい。

プログラマー・エンジニアと腰痛マットレス

 

プログラマー・エンジニアと腰痛マットレス

ウェブエンジニア、プログラマー、クリエイティブな仕事は、ほとんど座りっぱなしということが多いはずです。パソコンを使うことが多いので、キーボードを叩くために両腕が前に出て、モニターを見入るような体勢で座ってしまうので自然と猫背になってしまいます。猫背になると、背中が丸くなって、腰が折り曲がった姿勢となります。

脚を組んで座ると骨盤が歪む

また、足を組んだりすると、身体の左右のバランスが崩れてしまい、骨盤が左右のどちらかに傾いしてしまいます。すると、立ち上がったり、屈んだりするときに腰が針で刺したように、チク!っと痛くなったり、腰からコリコリという音が聞こえてきたりしていませんか?放っておくと、左右どちらかの膝が痛くなったりすることもあります。

これは、骨盤が歪んでしまって、左右どちらかの足の長さが変わってしまって、膝に負担が掛かってしまっているということです。

なんだか、腰が痛いなと思ったら、両足を伸ばして、椅子の背もたれにおもいっきりもたれかけるようにして座っていませんか?

その座り方は、楽なのですが、骨盤の位置がズレやすくなります。

座っていても猫背になる

自分では、伸ばしていると思っていても、背中を丸めた猫背のような姿勢で座っているのと同じような状態となっており、腰に負担が掛かってしまいます。座りっぱなしの仕事だし、まだ年齢も若いから腰痛にはならないだろうと思っていると、大間違いです。座りっぱなしの仕事で腰痛になってしまうと、座っても腰が痛いし、立ち上がっても腰が痛いということになってしまい、苦しい生活が始まってしまいます。

システムの仕様変更、手戻り作業なんか入ってしまえば、納期を気にしながら、地獄の閻魔大王様の如く形相でモニターを凝視しながら、キーボードを叩きながら、コードを書いたりしてませんか?

土木工事のような煩雑で大量な作業

工期、納期に間に合わせるために、修正や仕様変更などをこなして帰宅すると、既に寝るだけ状態で、明日に備えるというようなワークスタイルという人も少なくありません。プログラマー、クリエイターというのは、場合によっては土木工事のような煩雑で大量な作業をこなさなければならないこともあり、俺って何でも屋か?と思ってしまうこともあります。

特に最近は、人工知能の開発・研究が進んでいます。開発・研究するのは良いのですが、ディープラーニングになると、人工知能を勉強させなければならないので、膨大な量のデータを読ませなければいけません。これって、実は土木工事のような作業なので、能力よりも体力が必要だったりします。

エンジニアというよりは、土木工事か・・・実は体力が必要だし、長時間ワークに耐えられる強靭な肉体が必要だったりします。どうせ寝るのであれば、腰痛マットレス、高反発マットレスを使用して、快眠できるような環境を作ることも大切です。しっかりと眠って、明日に備えることで、素晴らしいコードが書けますし、右脳も左脳もフル稼働できます。寝るときくらいは、自分の身体を労わってあげて、腰痛マットレスを使って、腰への負担を減らしてあげてください。

特に夏は腰が痛くなる!

長年、プログラマーをやっている人は知っているかもしれませんが、夏場は腰が痛くなる時節です。腰痛持ちの人は、余計に腰が痛くなる時節なのです。その理由は、オフィスの冷房が原因です。夏は暑いのだけど、冷房で身体が冷えてしまって、腰周りに筋肉が硬くなってしまいます。すると、立ったり、座ったりするだけで、腰にピリピリとした痛みを感じることがあります。または、腰が痺れていたり、背中が痺れたりします。座りっぱなしの仕事をしている人、プログラマーをやっている人などは、季節に変わり目などの温度や湿度が大きく変化するときに腰痛になることが多いです。

海外のプログラマーも体重増加&寝不足&腰痛になるという人が多いです。それだけ、プログラマー、エンジニア、クリエイターというのは大変なんですよね。

 

おすすめのマットレス紹介

プログラマー、エンジニア、クリエイターなどパソコンやコンピューターを使った仕事をしている人に向いているマットレスの紹介です。座っていても腰は痛くなります。腰周りが、ジワジワと落ち着かない、なんだか嫌な感じがすると思ったら、激痛な腰痛の前触れです。高反発で腰痛に効くマットレスを使って、しっかりと身体を休めて下さい。

マジで仕事頑張る自分にご褒美でマットレス買うのもアリです! 最近はセルフプレゼントとか当たり前の時代ですからね。

スポーツ選手やチカラ仕事をしているばかりに向けたマットレスが紹介されていますが、実際はデスクワークの人、プログラマー、エンジニアという職業の人の方が腰痛持ちが多いですし、そういった人の方が腰痛マットレスの重要性を知っています。

座りっぱなしで、パソコン画面を見入るような姿勢を続けていると、首が痛くなるし、背中も痛くなるし、腰も痛くなります。横になって、寝るだけでも、けっこう身体は楽になります。身体が伸びてる~という感じがリラックスできている証拠です。寝るだけで、マットレスが下から身体を支えてくれる感じが気持ち良いです。そんなマットレスを紹介します。

雲のやすらぎプレミアム

厚さ17センチ、敷布団とマットレスが融合した新しいスタイルの腰痛マットレスです。体重100キロ超えるような人でも、マットレスがヘタリませんので、安心して使えます。

 

エアツリーマットレス

まるで木々のよう模様のような切り込みが入ったマットレスです。切込みがあるので、通気性が良くなっており、夏でも快適に使える腰痛マットレスです。

 

オクタスプリング

高反発ウレタンで作られた、スプリング状の素材を使用しており、身体の一部だけに荷重負担が偏らないような構造となっています。オクタスプリングも通気性が良いので、夏でもしっかりと使えるマットレスです。

ロードバイカーには、腰痛持ちが多い

ロードバイカーには、腰痛持ちが多い

 

ロードバイカーには、腰痛持ちが多い

ロードバイカーには、腰痛持ちが多いです。ロードバイカーというのは、ロードバイク乗りです。自転車乗りです。自転車を乗っている姿を見れば判りますが、前屈みの姿勢となり、背中を丸めて、腰を折り曲げた姿勢をとりつづけます。これが、腰に負担が掛かります。しかも、ロードバイクというのは、シートが硬いんです。

最近は、柔らか目のシートが装着されたバイクも増えてきましたが。シートが硬いと、路面の凹凸をひろって、振動を尾てい骨からダイレクトに受けてしまいます。そのダメージというのは、ロードバイカーにしかわからないかもしれません。たまに、尾てい骨からの振動にも関らず、脳天にまで振動が伝わることもあります。ロードバイカーにとって、振動吸収というのは、大きな課題なのです。

腰を折り曲げた前屈みの姿勢が腰痛のモト

そして、ロードバイクで走っているときに、発生する腰への負担も大きな課題となります。ロードバイクの場合は、苦しい姿勢をとりつづけていることで発生する腰痛です。自転車を降りて、腰を伸ばそうとすると、痛みが走ることもあります。腰を折り曲げていた方が、楽だという場合もあります。腰を折り曲げた姿勢を摂り続けていると、いっきに老けてしまったように見られがちで、ロードバイク仲間に笑われてしまいます。

体幹をつよくする

ロードバイクを乗り続けていれば、必ず腰が痛くなるとも言われます。体幹を強くして、腰への負担を減らした方が良いと言われることもありますが、簡単に体幹を強くすることなんてできません。また、長距離を走る場合などは、腰や背中だけではなく、首も痛くなっています。その理由は、ヘルメットです。軽量なヘルメットなんですけどね、長時間走行をしていると、軽量なヘルメットですから、重く感じるんです。それが、首への負担となることもあります。ロードバイクの課題は、軽量化、衝撃吸収、腰痛ですね。走った、その日の夜は、腰痛マットレスで身体を癒してあげてください。

悪路の衝撃を全身に浴びて、腰痛持ち確定

ずっと、以前はマウンテンバイクでダウンヒルをしていたこともあり、悪路の衝撃を全身に浴びて、腰痛持ち確定となりました。ロードバイクの場合は、最初は背中が痛かったです。前屈みの姿勢を続けているので、自然と猫背っぽい姿勢となるので背中を丸めてしまい、背中を痛めました。今は、背中の痛みを庇うようにしていたことから、腰が痛くなってしまいました。ロードバイクを楽しんでいる人なら判るかもしれませんが、ロードバイクのサドルというのは、めちゃくちゃ硬いんです。

ですから、お尻が痛くなる訳です。尾てい骨からの衝撃というのも、かなり酷なんです。ゴルフもロードバイクも、共通するのは、前かがみの姿勢です。この姿勢を保つには、強い腹筋、強い体幹が必要だと言われていますが、そう簡単に強い腹筋と強い体幹にすることなんて、かなり難しいものです。ゴルフで痛めた腰をロードバイクで走ることで、腰周りの硬くなった筋肉が柔らかくなる感じがするので、ゴルフとロードバイクを共に楽しんでいます。また、ゴルフというのは、股関節を痛めることもあります。ゴルフスイングで身体がスウェーしないようにしたり、スイング軸がズレないようにするために踏ん張るために股関節に負荷が掛かるからです。股関節があるからこそ、股関節の間におさまっている骨盤を回旋させることもできます。

ロードバイクで脚でペダルを蹴る、漕ぐという動作が股関節にも良いんだろうなと考えています。腰痛を軽減するためにストレッチをすることは、もちろんですが、マットレスを替えてみると、寝起きの腰の痛みをかなり軽減させることができます。寝起きの腰の痛みは憂鬱です。痛くて起きれないですからね。一度、起きて、身体を伸ばしたりなんかすると、痛みが和らいで、動きやすくなるのですが、そこまでのプロセスが憂鬱で仕方がありませんでした。

車を運転しているときに使える腰痛クッション

 

腰痛と車の運転

私は、ゴルフをしていて腰が痛くなりました。腰が痛くても、ゴルフは楽しみたくて、腰が痛くてもゴルフに行ってました。腰が痛くてもゴルフに行きたくなってしまうほど、ゴルフが好きなのです。自宅から車でゴルフ場までは、近くても30分くらい。遠いゴルフ場であれば、1時間30分くらいです。1時間30分も車に乗っていると、腰が痛くなってくるのです。信号待ちで、車を降りて、背伸びをしたくなってしまうこともあります。腰が痛くなるのは、ゴルフを終えて、家路に向かう時です。帰宅途中で、休憩をして、背伸びをしたりして、腰周りを気遣ったりすることもありました。最近は、車のシートに取り付けられる、腰痛対策用のクッションを使ってますので、腰の痛みを軽減できるようになりました。

腰痛を軽減してくれるクッションは、車のシートりに取り付けることができるだけではなく、椅子に取り付けることができるタイプもあります。長時間座り続けて仕事をしているような人にも向いてます。

車のシートりに取り付けられるクッションは、トラックの運転手の人にも向いてます。

腰痛を軽減してくれるクッションは、衝撃を和らげてくれるというよりは、腰回りのS字を保つことができるような形状となっており、腰回りにピッタリな形となっています。これで、腰が折れ曲がってしまうことを防いでくれるので、腰痛を軽減できるという訳です。

ページ上に戻る

 
 

ゴルフ帰りの車の中で腰痛

ゴルフ帰りの車の中で腰が痛いなと思うことはありませんか? ゴルフだけではなく、車で遠方へ出かけて、車に長時間乗っていると、どうしても腰が痛くなってしまいます。やはり、長時間にわたって同じ姿勢で、座っていることで、腰回りの筋肉が緊張してしまい、痛くなってしまうのだろうと思います。

私は、ゴルフ帰りの車の中で腰が痛いなと思うと、信号待ちで車を降りて、背伸びして、腰回りを伸ばして、また車に乗り込むというようなことをしていた時期がありました。また、車に乗っているときに腰痛を軽減するようなマットを使っていたこともありましたが、あまり変化はありませんでした。むしろ、悪影響を及ぼします。

腰の痛みを軽減するために、車運転中に使用できるマットというか、座布団のようなマットを使っていましたが、座り難くて落ち着いて運転ができなくなります。これは、運転に支障が出ると思って使ってません。結局のところは、日々の腰へのメンテナンスが必要であるという結論に達しています。

ゴルフをするときだけ、腰の痛みを気にしていても、痛みが緩和することはありません。

ゴルフをして腰まわりに筋肉を使ったのであれば、ストレッチなどをして筋肉を解してあげることも必要ですし、寝ているときも腰に負担が掛からないようにしてあげることも必要となってきます。

ページ上に戻る

 
 

車の運転と高反発マットレス・低反発マットレス

ゴルフ場へ行くときには、車で行くのですが、帰宅するときは疲労感があることと、渋滞していることもあり、車の運転をするのがとても苦痛に感じる事があります。ゴルフ場へ行くときは早朝なので、ほとんど渋滞なしで行けるのですが、帰りは混んでます。それほど遠くもないのに、1時間少し掛かってしまうこともあります。この、1時間少しの車の運転というのが、かなり腰へのダメージが大きいのです。

ゴルフを終えたばかりの疲労感があるからか、どうしても早く家に帰りたいという気持ちが強くなります。だけど、渋滞。そして、車の運転で座りっぱなしで腰が痛くなってきます。車の運転をしながら、姿勢を変えることなてできません。座って運転しているのですから。

一時期は、車の運転による腰の痛みが嫌でゴルフへ行くのをやめていました。だけど、運動不足になってしまいますし、ゴルフ仲間にスコアで差をつけられるのが嫌なので無理してでも行ってます。

最近は、雲のやすらぎマットレスを使い始めてからは、車の運転も我慢できるようになりました。きっと、雲のやすらぎマットレスを使っていることで、寝ているときに腰の負担を軽減させてくれているからだろうと思います。最初は、マットレスが腰の痛みに効くなんて考えてませんでした。

今までは、日常生活で腰に負担をかけ、ゴルフで腰に負担をかけ、寝ているときにも腰に負担をかけていたのでしょう。雲のやすらぎマットレスを使い始めてからは、寝ているときの腰の負担は軽減された感じがします。ですから、日常生活での動作も容易となりました。そして、ゴルフ場へ行くときの1時間少しの車の運転にも耐えられるようになったんだろうと思います。

ページ上に戻る

 
 

車用の腰痛対策クッションの紹介

車を運転しているときの腰への負担を軽減してくれるクッションです。自動車の運転というのは、足を前に伸ばして、アクセルを踏んだり、ブレーキを踏んだりします。その時に、負担が掛かるのが腰周り、背中周りです。そして、もともと腰痛持ちの人は、車を運転しているだけで、腰痛が悪化してしまということもあります。そのような人には、自動車運転時の腰の負担を減らすことができるクッションを使うと良いです。

スタイル・ドライブ | 骨盤クッション


写真:MTG

価格:14,904円(税込)

 
 

スタイル・ドライブ・エス | 骨盤クッション


写真:MTG

価格:6,912円(税込)

 

ページ上に戻る

 

腰痛を軽減するクッションの口コミ

だんだん、寒くなってきて、夜寝る時に身体が冷えると、腰痛が酷くなったりすることはありませんか?腰痛を軽減するマットレスを買うのも勿体ないと思っている人には、腰痛を軽減してくれる三角クッションを使ってみると良いです。

三角クッションは、寝る時に腰の下に置いておくことで、腰の沈み込みを防いで、身体のS字カーブを保つことができます。これだけでも、寝ているときに腰周りの沈み込みを抑えて、腰を伸ばしてくれます。これだけでも、かなり腰痛を軽減させてくれます。

庭仕事をして、横になったりするときに使うのも良いですし、ゴルフを終えて帰宅して、横になるときに使うのも良いです。腰痛を軽減してくれるマットレスではないからこそ、手軽に使うことができるので、とても便利です。

腰痛を軽減するためのクッションは、腰痛枕と呼ばれることもあります。腰の下に敷いて、腰の沈み込みを抑えるので、腰枕、腰痛枕と呼ばれているようです。

ページ上に戻る

 
 

腰痛クッションを活用する

腰痛マットレス、高反発マットレスよりも、腰痛クッションの方が使い勝手が良いということもあります。寝るときに使用することもできます。価格も安いですから、腰痛を軽減してみたいと考えている人にとっては、腰痛軽減対策入門アイテムのような存在です。一度、お試しください。

私は、ゴルフを終えて帰宅した時に、横になるときに腰痛クッションを使っています。帰宅して、直ぐには眠ることができませんから。横になって休憩をするときに、腰痛クッション、腰枕を使って、腰の痛みを和らげています。

夜眠るときには、腰痛対策マットレスを使います。昼寝などの休憩をするときには、腰痛対策用のクッションをつかって、体のS字を保ちながら、腰周りを伸ばすようにしています。たった、これだけでも腰痛を軽減させることができます。

ページ上に戻る