エアキューブマットレス 口コミ・評判

エアキューブマットレス 口コミ・評判

 

エアキューブマットレス 口コミ・評判


写真:tobest.jp

エアキューブマットレスは、マットレス表面が凹凸となっており、身体を点で支えることができる、体圧分散を考えたマットレスです。眠りをアップデートできる、キューブ形状の表面となったマットレスです。

 

エアキューブマットレスの特長


写真:tobest.jp

エアキューブマットレスの最大の特長は、表面の凹凸です。ウレタン表面がブロック状となっており、身体を点で支えることができます。表面のブロック同士の間には隙間が設けられており、通気性が考慮されています。ウレタンをキューブ形状にして、身体を点で支えることで、体圧分散を実現しました。今までにない体圧分散と優れた通気性を実現したマットレスです。

エアキューブマットレスの収納


写真:tobest.jp

マットレスを丸めて、簡単に収納することができます。無駄なスペースを必要としません。省スペースなマットレスです。一人住まいでワンルームに住んでいて、お部屋の空間をじょうずに使いたい人に向いてます。

マットレスカバーは洗えます


写真:tobest.jp

マットレスカバーは取り外して洗うことができます。常に清潔さを保つことができます。マットレスは、洗うことができませんので、陰干しなどをして、湿気をとったりして清潔に保つことができます。

 

マットレスサイズとキューブの個数

マットレスのサイズによって、キューブの個数が異なります。サイズが大きかったり、小さかったりすれば、マットレスの表面積が異なりますので、キューブの個数が異なってきます。

マットレスサイズ キューブの個数
セミシングル 1460
シングル 1830
セミダブル 2240
ダブル 3050

エアキューブマットレスに向いている人

寝てる時に血流が滞る人
今のマットレスでは、血流が滞ってしまって、背中が痺れるとか腰周りが痺れるという人に向いてます。
寝てる時の腰が痛くなる人
また、寝ているときに腰周りに違和感がある、腰が痛くなるという人にも向いてます。
とにかく適切な寝姿勢で寝たい人
エアキューブマットレスは、体圧分散はもちろんのこと、寝返りも打ちやすくなっています。適切な寝姿勢で快眠を目指す人に向いてます。

 

エアキューブマットレスの厚さ

エアキューブマットレスの厚さは2種類あります。

厚さ5センチ トッパー


写真:tobest.jp

厚さ5センチのエアキューブは、トッパーとして使うタイプです。今現在、使っている敷布団やマットレスの上に敷いて寝心地改善ができるというタイプです。

エアキューブ トッパー 厚さ5センチ 価格

ラインナップ 横・長さ・厚み 価格(税込)
シングルサイズ 97×195×5 15,980円
セミシングル 80×195×5 12,980円
セミダブル 120×195×5 19,980円
ダブル 140×195×5 24,980円

 

厚さ10センチ マットレス


写真:tobest.jp

厚さ10センチのエアキューブは、それ一枚だけで底付きせずに使えます。厚みがあるので、ウレタンの反発力を活かして、適切な寝姿勢を維持することができます。体重がある人の場合は、下にマットレスパッドなどを敷いて、使用すると底付き予防ができます。

エアキューブ マットレス 厚さ10センチ 価格

ラインナップ 横・長さ・厚み 価格(税込)
セミシングル 80×195×10 26,980円
シングルサイズ 97×195×10 27,980円
セミダブル 120×195×10 36,980円
ダブル 140×195×10 39,980円

送料に関して

  • 送料無料
  • 佐川急便で配送
  • 沖縄・一部離島を除く 別途送料がかかる場合があります

エアキューブ マットレス 購入

釣りのキャストと腰痛マットレス

釣りが大好きな人は判るかと思いますが、釣りというのは地味に腰痛になります。立ちっぱなしというのもありますが、釣りで腰痛になるのは、キャストの影響が大きいと思います。ロッド(釣り竿)の撓りを活かして、遠くに飛ばすという方法もあったりますが、基本的に人間が手に持ったモノを遠くに放り投げるときには、腰周りと背中のチカラを使います。故に釣りは腰痛になりやすくなります。

また、身体の反対側だけが痛くなったりすることもあります。右手に釣り竿を持って投げているので、身体の半分だけに負担が掛かっているということです。このようなことを考えると、ゴルフに近いということも言えます。釣りで腰痛、背中痛になるのは、キャストのし過ぎで筋肉疲労を起こしてしまって、筋肉が硬くなってしまった結果です。放置しておくと、余計に硬くなってしまって、痛くなってしまうこともあります。高反発な腰痛マットレスを使うことで、寝ているときに凝り固まってしまうことを防ぐことができます。

寝ていて、腰が痛くなってしまうというのは、寝返りがうつことができなくて、腰周りの筋肉が硬くなってしまっているということです。的確なキャスティングをするためにも、腰痛マットレスで身体を休めさせてあげてください。

羽生結弦が使ってるマットレスの紹介

羽生結弦が使っているというか、CM起用されたマットレスといった方が良いかもしれません。
そのマットレスは、東京西川が展開する、快眠寝具トータルブランド &Free です。

自分の身体合ったマットレスのオーダーメイドです。枕もあります。&Free の &は つながりの意味。Freeは、素の自分へ戻り本来持っているチカラを引き出すこと を意味しています。羽生結弦くんの神々しさ、輝きが伝わってきます。

&Free『マットレス』篇 | 紹介動画

&Free『オーダー枕』篇 | 紹介動画

腰痛に効く高反発マットレスの特長

腰痛の症状に悩まされ続けているなら、マットレスは高反発を使うことをお勧めします。高反発マットレスには腰痛に効果的な特長があり、腰痛持ち特有の辛さを症状を緩和してくれるのです。

 

高反発のメリット

腰痛に効く特長の一つが、マットレスの高い反発力です。反発力が低いマットレスだと、フカフカで寝心地は良くても就寝中の身体は沈みすぎます。そのため肩や背中に体重がかかりすぎてしまい、腰を痛める原因になります。

一方の高反発マットレスは、身体が沈み込まないので肩や背中にかかる体圧は一定ですし、体圧分散ができます。さらに正しい寝姿勢も保てるようになり、腰に負担がかからなくなります。

体圧分散とは、寝ているときの体重による圧迫感を分散できるということです。そうすることで、身体の一部だけに、荷重負担が掛からないようになっています。

 

高反発は、寝返りがうちやすい

高反発マットレスは、寝返りを打ちやすいのも特長です。人間は寝ている間に、20回から30回も無意識に寝返りを打つとされています。寝返りを打つことにより、身体の蒸れや血流が滞るのを防いだり体圧がかかる部分を分散させることが可能です。高反発マットレスは、マットレスの反発力を利用して、寝返りがうちやすくなっています。これも、腰痛を軽減してくれる要素となります。寝返りがうちにくいマットレスは、同じ姿勢で眠り続けてしまうので、腰周りに負担が掛かってしまいます。

 

低反発は血流が滞る

しかし反発力が低すぎると、寝返りを打つたびに余計な力を入れることになります。その結果一晩に打つ寝返りの回数が減ってしまい、血流が滞りがちになり体圧を上手く分散できなくなります。高反発だと力を入れずに楽に寝返りを打てるようになるので、血流が滞ったり身体の一部分に体圧がかかり過ぎることがありません。

 

通気性に配慮したマットレス

高反発マットレスは、ウレタンなどの素材が使用されており、基本的には通気性が良くありません。ですから、通気性を良くするための工夫、通気性を良くするための構造が取り入れられており、従来のマットレスよりも通気性が高いのも特長です。腰痛を悪化させてしまう原因の一つは、就寝中のストレスです。就寝中に暑すぎて汗を掻いてしまうと、身体にはストレスがかかり筋肉を緊張させてしまいます。筋肉を緊張させると腰痛を悪化させてしまうので、寝具の通気性は非常に大事です。

通気性が悪いとカビの原因になることも

通気性が高いと蒸れてしまったりカビが生える心配もなくなるので、快適な睡眠を手に入れることができるでしょう。腰痛の人は、柔らかい寝心地が魅力的な低反発マットレスが最適と思うかもしれません。しかし反発力が低いと腰痛には逆効果となり、却って悪化させることがあります。腰痛に悩まされているなら、マットレスは低反発より高反発を選ぶようにしましょう。

高反発マットレスは怪しいと思われる理由

もともと、寝具、布団というのは、訪問販売による無理な販売勧誘があったり、催眠商法により販売されていた時期もあったので、怪しいと思われてしまうのでしょう。

 

今でも少なからずあるのが、訪問販売

布団の打ち直しをしませんか?
ダニが付きやすい布団だから買い替えませんか?
布団をクリーニングしませんか?
布団の無料点検をしませんか?

様々な言葉を用意して戸宅を訪問して、高額な請求をするという商法がありました。そのときの口説き文句として、ダニが付きやすい、腰に悪い、通気性が悪いから湿気で布団が悪くなどの巧みな言葉がありました。それらの言葉が、ネット検索される高反発マットレス紹介サイトにも記載されている言葉に類似しているという点が、怪しさを増幅されているように感じます。

特別な理論がある訳でもないのに、この布団を使って寝ていると体調が悪くなるという意味不明な言葉で、高級布団を購入させるというケースもありました。

 

催眠商法

催眠商法というのは、とある部屋や会議室に大勢の人達を集めて、商品の説明をしていき、購入を促すための雰囲気を作りだして、高額な布団などを売りつけるという方法。

人を集めて、最初は激安商品、お買い得所品などを紹介して、欲しい人は居ませんか?購入した人は居ませんか?と購入を促します。本当に激安商品ですから、皆さん挙手して、我が先にと購入しようとします。それらの商品は数に限りがあったりして、全員が購入できなかったりもします。購入できなかった人の購買欲求は満たされずに、何か購入したいという気持ちになります。

そして、購買意欲が高まったタイミングを見計らって、紹介される商品は、次第に高額となっていき、購買欲求を満たすためだけとなった人たちに売りつけるという方法です。催眠商法とか、ハイハイ商法とか呼ばれています。

 

マットレスは、怪しい

マットレスは、寝具であり、訪問販売の粗い売り方、催眠商法などがあったことから、怪しいと思われがちなのは、事実です。ですが、最近の高反発マットレス、腰痛マットレスを販売しているメーカーというのは、品質を重要視しており、消費者の意見を取り入れて、使い心地の良いマットレスとなっています。ネット検索してマットレスを購入するにあたって必要なのは、マットレスの知識です。マットレスに使用されているウレタンフォームの知識です。これを身に付けておけば、自分に合ったマットレスを探すことができますし、購入間違いを防ぐ事ができます。

 

高反発マットレス、腰痛マットレスはウレタンフォームのことを知ること

ネット検索で高反発マットレス、腰痛マットレスのことを調べたりして、購入しようと考えているのであれば、ウレタンフォームのことを知ることが大切です。ウレタンフォームという素材の反発力が高反発であり、高反発マットレスのネーミングともなっています。

腰痛マットレスというのは、反発力が高いので、寝姿勢を保って、腰に負荷が掛けずに眠れるので、腰痛持ちの人にも良いということを訴求するために腰痛マットレスという言葉が登場しました。腰痛が治るわけではないので、注意して下さい。

マットレスのサイズ

夜の眠りは思っている以上に心身への健康に大きな影響を与えており、寝具はその人の暮らしに合ったものを選ぶことが重要です。ベッドの大きさ同様マットレスのサイズも、現在のライフスタイルに合わせて選択をします。

 

シングルサイズ

幅98cmは一人分の6畳くらいの大きさがありますので、一人部屋にぴったりなシングルです。シングルといっても小柄女子向けではなく、男性でもOKな大きさになります。寝がえりまで考えるのであれば幅は70cm以上は欲しいところであり、狭小住宅に良い小さめ設計なのがセミシングルです。女性部屋にも良いですし、子供のための寝具としてもマッチします。

  • シングルサイズは、一人用
  • 女性も使えるサイズ
  • コンパクトで省スペース

 

セミダブル

セミダブルになると幅は120cmになりますので、室内の広さ的に6畳以上の広さがあるならこのサイズです。2人で使うこともできますが、少しだけゆとりがあるので1人で広々と眠るのに向いています。

  • 体の大きな人に向いている
  • ゆとりのある大き目のサイズ

 

ダブルサイズ

幅が140cmにもなるとダブルになりますが、かなりゆとりある大きさです。リッチなホテルでも採用される大きさになり、1人で優雅に使っても良いですし、2人で利用するにも向いています。ラグジュアリーな高級ホテルの中で、さらにスイートルームに導入をされるのが幅が160cmのクイーンです。大きさがあるだけにそれなりの空間が必要であり、2人で寝ても1人1人のスペースは余裕で確保できます。

  • 2人でも使える大きさ
  • 1人で使うのは勿体ない

 

その他のサイズ

さらに上を行くのがキングであり、幅は180cmと名前通りの余裕とゆとりで最高の眠りが約束されている対報です。夫婦だけで使うのも良いですが、余裕があるだけに子供も1人一緒に寝ても問題はありません。部屋に合わせたベッドをおくことと、それに合わせたマットレスを使うことが良い睡眠につながるコツです。

部屋の広さ一杯に置くのは窮屈さを感じさせるおで、60cmほどの人が歩けるスペースをベッド周りには設けます。出入り口の用意を慕うスペース的には、目安は50cm以上と決めておくことです。ヘッドボードがないタイプであれば、ナイトテーブルがあると重宝をします。

 

マットレスのサイズ目安表

シングルサイズ 横幅90センチ以上
セミダブルサイズ 横幅120センチ以上
ダブルサイズ 横幅140センチ以上

プロゴルファー 松山英樹が使ってるマットレス 口コミ情報

更新:

 

松山英樹が使っているマットレス

松山英樹が使ってるマットレスは、東京西川です
海外で頑張るプロゴルファー松山英樹が使っているマットレスは、東京西川です。東京西川のAIR(エアー)というマットレスで、どのラインナップを使っているかは不明です。松山英樹は、日本ゴルフ界のスーパースターです。

2014年メモリアル・トーナメントで初優勝しました。ケビン・ナという選手とのプレーオフで勝ちました。2016年フェニックス・オープンで優勝しました。リッキー・ファウラーとのプレーオフで勝ちました。このときのプレーオフは、4ホールにも及び、息が詰まる緊張感のなかでのプレーオフでした。2017年フェニックス・オープンで優勝しました。2016年からの二連覇を達成しました。その他、2016年には、HSBCチャンピオンズでも優勝をしました。海外で最も結果を出している、若手のプロゴルファーです。将来がとても楽しみな選手です。

松山英樹と腰痛マットレス

松山英樹は、海外の試合に出場するようになってから、腰痛になったことがあります。親指の付け根を痛めことがあります。USPGAツアーは、日本と違って、ほぼ毎週のように試合があります。ハードなセッティングで、距離の長いコースは、プロゴルファーでも大変な思いをすることもあります。腰痛を経験したことのある、松山英樹だからこそ、腰痛に効くマットレスの大切さを知っているのだろうと思います。

 

有村智恵が使っているマットレス

有村智恵が使ってるマットレスは、東京西川です
2018年7月に開催された、サマンサタバサレディースで優勝をしました。有村智恵の強さが全面に出て、優勝をしました。可愛らしくて、華やかで、結果を残してきている、有村智恵が使っているマットレスは、東京西川のエアーです。ラインナップは不明です。

有村智恵のトレーニング | 下半身を鍛える

有村智恵のトレーニング | ウォーミングアップ

 

東京西川 マットレスの特長

東京西川のマットレスは、多くのアスリート、スポーツ選手が使っているということもあり、その品質の信頼度は、とても高いです。マットレスのデザインもモダンで、スポーティーな雰囲気となっています。スポーツをする人だけではなく、日常生活でも快適に使えるマットレスです。

最大の特徴は、エアー(Air)です。点で支えるというのがキャッチとなっており、表面の凹凸により体圧を分散してくれるような構造となっています。点で支えることで、寝ているときに血流を妨げにくくするような構造となっていますし、身体への負担を減らしてくれます。また、寝姿勢を崩さずに、キープすることができますし、寝返りもしやすいです。

 

ゴルフと腰痛の関係

ゴルフというスポーツは、ゴルフスイングという身体を捻じって、ゴルフクラブを振るという特殊な動作をします。ゴルフスイングは、一方向のみに行いますので、身体のバランスが悪くなりやすいと言われています。また、ゴルフスイングの要となるのが、腰周りの筋肉です。ゴルフスイングは、腕のチカラでゴルフクラブを振っているのではありません。

上半身と下半身の捻転差をつくり、そのテンションをエネルギーとして、ゴルフクラブを振って、ボールにヒットさせて飛ばします。上半身と下半身の捻転差のテンションをいっきに解放するタイミングは、腰になります。腰周りのチカラでいっきにスイングエネルギーを解放します。ですから、ゴルフスイングは腰が悪くなりやすいと言われています。

ゴルフ、テニスなどのスポーツをしていると、どうしても肘が痛くなってしまうことがあります。もちろん、ゴルフというスポーツは、腰にも負担が掛かるので、腰痛を軽減してくれるようなマットレスを使って、快適に眠れるようにすることも大切です。ただ、肘の痛みはマットレスでは、和らげることができません。肘用のサポーターなどを使うことで、肘の痛みを和らげることができます。

腰痛マットレスを選ぶ時の5つの条件

腰痛マットレスを選ぶ際というのはある5つの条件を満たしている必要があります。

 

(1) 腰への負担軽減

まず1つ目として挙げられる条件というのが腰に対する負担というものを本当に和らげてくれるかという事で、この上で大事になるのは実際に使って腰痛が改善したという実績があるかどうかです。それを確認する一番手っ取り早い方法としては口コミがありますので、選ぶ際には事前に必ず口コミを確認するようにしましょう。

厚さがあるマットレスを選ぶ

価格が安いマットレスを選ぶ時のポイントは厚さがあるマットレスを選ぶと良いです。使っているあいだにヘタってしまいますので、厚みのあるマットレスを選ぶと良いです。厚みがあれば、底当たりすることもないので、快適に眠れます。

腰への負担を軽減できること。体圧分散できるマットレスを選ぶことが大切です。

 

(2) 折り畳みができるマットレス

折り畳みができるマットレスもあります。折り畳みができるということは、片づける場所を取られることがありません。マットレスは広げると、横幅90センチ前後、長さは200センチ前後だったりすることもあり、実は意外にも場所をとられます。そんなマットレスを場所を気にせずに収納できる、片づけられるというのは、大きなメリットとなります。

 

(3) 通気性の良さ

日本の高温多湿という気候に合わせて、通気性の良いマットレスが多いです。価格が安くてもニュートン値がしっかりしているマットレス、密度が高いマットレスもあります。じょうずに自分に合ったマットレスを見つけてください。

 

(4) 返品対応できるマットレスを選ぶ

2つ目の条件として見ていきたいのが品質がちゃんとしているものかどうかというところで、中には非常に品質の悪いものも存在します。
そこで見ていきたいのが実際に使ってみる事が出来るかどうかという部分で、インターネットの通販で販売している腰痛マットレスを購入する際には、仮に使っても返品する事が出来るものを選ぶのが良いという事です。

実際に腰が良くなる効果を実感出来るまでは3日間はかかると言われていまして、本当に品質がちゃんとしているものでしたら返品期限の間に十分に効果を実感する事が出来るはずです。品質がちゃんとしているものかどうかを確認するという意味でも使用して返品する事が出来るかどうかというのは見ておくべきです。

返品対応ができるマットレスを購入すれば、安心です。

 

(5) 自分の身体に合っているマットレス

そして3つ目の条件というのは自分の身体に合っているものを選ぶという事で、日本国内でマットレスというのはたくさん発売されていますが、実は日本人向けに特化して作られているマットレスというのは少ないんです。日本人と欧米人でしたら腕の長さや足の長さ、筋肉の量というのも平均から見て変わってきますので、欧米から輸入されたマットレスを日本人が使ったとしても自分の身体に合わないという事は多いです。ですので日本人向けに特化して作られているマットレスの方が自分の身体に合う場合が多く、腰痛マットレスを選ぶ際には日本人向けに作られているかどうかというところも注目するべきとなります。

日本製の日本人向けのマットレスを選ぶと良いです

 

5つの条件を満たしたものが腰痛の悩みを解消してくれるマットレスと言えますので、腰痛を緩和したいと考えているのであれば以上の5つの条件を満たしたものを選ぶようにするのが良いです。

寝ていると腰が痛くなる理由 | マットレスが合わない

 

マットレスが合わないと血液循環が悪くなる

朝起きると腰痛に悩まされる時があります。理由は幾つか出てきますが、「マットレスで眠る」と腰に負担がかかって痛くなる可能性が生じるのが問題です。一日や数日程度なら痛みや負担が表れる事は少ないでしょう。しかし、一ヶ月以上もマットレスの布団や固めのベッドで寝ていると、腰に異変が起きてきます。

寝て起きたときに腰が痛くなるという理由ですが、それが起きるのはいくつかの理由があります。その一つですが、血液の循環からということがあります。まだ睡眠中である明け方の4時から6時くらいには、人の体温がぐっと下がるのが普通です。寒さを感じて思わず、もっと寝ていたいのに掛け布団などを掛け直す仕草でお分かりになるはずですが、この時間帯は体温低下によって血液循環が悪くなるので、腰の痛みが発生しやすいということになるのです。

そして、寝ているときの環境なども影響してきます。筋肉が固まりやすい状態ですと、体液循環が悪くなるのでやはり腰の痛さに繋がります。自然と寝返りを打っている環境が良いのです。

仰向けで寝ると腰が痛くなる

就寝している間は仰向けである事が多いです。その時の間は背中に圧力がかかり、コリや腰痛の原因になります。朝起きると痛みを感じるのも、マットレスの布団・ベッドで仰向けで眠っていたからです。できるならクッション効果が高めな製品や柔らかめで背中と腰周りの負担を減らすマットを使う方がストレスは減ります。

寝相が悪い

他に挙げられる腰痛の理由は”寝相”です。人は眠っている間に無意識の内から身体を動かしています。中には全く動作を見せずにそのまま眠る方もいらっしゃるのは無視できません。しかし、多くの方は寝相というモーションを出します。寝ている間に腰を曲げてしまったり、衝動的な動きで知らない間に腰を痛める事もあるため注意すべきです。

寝相によって腰痛に悩まされる前に、クッション効果が高めなマットを敷いておくとトラブルを回避できます。寝相が原因でなくとも、既に仰向けの状態で背中と腰周りに圧力がかかっています。やはりマットを使ってストレスを減らした方が日々の生活を快適にできるはずです。

様々な体調不良の元になることもある

日常の生活も影響します。暴飲暴食、睡眠不足、ストレス蓄積によって肝臓や腎臓の働きが悪くなるため、腰回りが固くなりやすいということもあります。自律神経にも影響し、疲労回復が遅れるので、筋肉が疲れたままとなり、起きたときに腰に痛みを感じるということになります。対策としては、まずは普段から正しい姿勢を保つことを心掛けることです。背筋を伸ばすことを意識するだけでも大きな変化があります。

加えて、その姿勢で深呼吸を2~3回行うと良いとも言われています。その他はコインの裏返し的になりますが、室温の調整や、冷えの防止策を行うことですし、寝具も寝返りを打ちやすいような広さとか、マットレスであればある程度の固さなどの工夫が大事になります。さらに言えば、生活習慣も見直して、栄養バランスの良い食事、心地よい排泄、適度な運動、ストレス解消法などを行えば、腰痛からの脱出が可能となります。それでも直らないとか、おかしいというような場合は、なにがしかの疾患や腰回りの異変などが災いしていることも考えられるので、専門的な医療機関で受診し、適切に施してもらう必要があります。

気づかなかった症状が出てきた

他に朝起きた後の腰痛の原因は”気づかなかった症状が出てきた”可能性はあります。人には感覚機能が備わっていますが、僅かな痛みやストレスに気付かない時が不思議です。優先的に強い痛みやストレスに意識を向けてしまうため、まだ悪化していない腰の痛みに意識がいかない時も否定できません。眠っている間は身体の修復が始まりますから、足や腕、脳などの痛みが鎮まっていきます。しかし、先にも挙げた通り寝ている時は通り背中や腰に負担はかかるため、回復がしにくいです。ついに腰痛がはっきり出てきてしまう事があります。

 

腰が痛くならないマットレス

眠りは心身の疲れを取り去り、次の日も健康的に活動するための休憩です。しかし、十分に眠ったはずなのに、腰が痛くなるということがあります。その原因を突き詰めてみるとマットレスが良くない事が多いです。というのも、腰は立っているときに体重を支える要ですが、寝ているときも同様に体重がかかりやすい場所です。そのために柔らかすぎるマットレスだと、体が沈み込むだけで支えることが出来ずに、負荷が集中したままです。

腰が痛くないマットレスとは、どういうものかというと適度な硬さ、反発力を持っていることが必要です。よく腰痛対策で高反発マットレスというものが売られていますが、それは腰にかかる体重を支えて分散することで痛みが出ないようにしているからです。

では、マットレスなど使わずに、床に薄い布団を敷けばよいのかということを思うかもしれません。しかしある程度の柔らかさがなければ、今度は逆に腰や頭など出っ張っている部分だけが圧迫されてしまい、筋肉は疲労により固くなって痛みがでてしまうのです。ですから、体を休めたいのであれば程よい硬さと柔らかさを持ったマットレスが理想的ということになります。

 

腰痛に効くマットレスの種類が多い

腰が痛くないマットレスというのは、色んな種類が販売されています。医学や整体などの知識がない人間が、最適なものを選べるのかと不安もあるでしょう。そこで購入する前のポイントですが、全部で一枚になっているものよりも、三つ折りタイプのようにパーツが分かれているものを選ぶようにしましょう。

というのも高反発の素材でも、使っているうちにへたってきて薄くなっていきます。そうなれば腰が痛くないくらいの弾力が失われてしまうの意味がなくなります。ですからパーツが分かれているものを交換していくことで、一番体重がかかる腰の部分がへたるのを遅らせて、長く使えるように出来ます。最近では、中身を交換できるものもありますから、使っていくうちにへたることを想定するならばそういうマットレスを購入しましょう。

 

マットレスを買い替える

寝ていて腰が痛い、朝起きると腰が痛い、寝返りがし難いということに気付いたら、マットレスがあってないか、マットレスがヘタってしまっている可能性があります。心地良く眠れてないということに気付いたら、それをキッカケにマットレスの買替を考えてみては如何でしょうか?

おすすめのマットレス

商品名 幅・長さ・厚さ(cm) 価格 詳細
雲のやすらぎプレミアム 100 × 200 × 17 39,800円(税込) 詳細紹介
オクタスプリング 97 × 193 × 7 19,800円(税抜) 詳細紹介
39デザイン マットレス 97 × 200 × 5.5 32,000円(税抜) 詳細紹介
エアツリーマットレス 97 × 195 × 8 29,800円(税抜) 詳細紹介
超極厚マットレス スリープル 100 × 200 × 17 39,000円(税込) 詳細紹介
腰痛マットレス モットン 97 × 195 × 10 39,800円(税込) 詳細紹介

腰痛マットレスの選び方

更新:

 

 

腰の痛みを緩和する腰痛マットレスの選び方

高反発、低反発など、様々な敷布団がありますが、どれが本当に良いのか判らないこともあります。まずは、価格帯が高いか安いかというのが最も気になります。ですが、価格が安いマットレスは、ウレタンの密度が低いです。価格が高いマットレスは、ウレタンの密度が高いです。

つまり、ウレタンの質を見極めて、ウレタンの密度と厚さをチェックして、マットレスを選ぶとよいです。

 

ウレタンの密度と価格と品質

価格が安いマットレスの方が購入しやすいのですが、使用されているウレタンの密度が低くて、ヘタリやすくなっていることが多いので注意して下さい。マットレスは、価格だけで選ぶと大失敗します。

ウレタンの密度 品質 価格
密度が高い 長持ちする 価格高い
密度低い ヘタリやすい 価格易い

安物の布団を使っていると、ぺっちゃんこになってしまうのを知っているかと思いますが、マットレスに使用されているウレタンの密度が低いと、安物の布団の様にぺっちゃんこになってしまうことがあるということです。

使用しする過程で、へたり易いのか、へたり難いのかというのは、購入したばかりの口コミからでは、判り得ないこともあります。購入される前には、密度を気にされると良いです。

 

マットレスの厚さ

マットレスの厚さも重要です。薄いマットレスは、それ1枚だけ敷いて眠ると、底付きしてしまいます。底付きしてしまうと、床に身体がついてしまう状態となりますから、身体が痛くなります。ですから、厚さのあるマットレスを選ぶことが重要です。特に、ウレタン1枚もののマットレスの場合は、とくに厚さが重要となります。厚さ5センチ以下の場合は、底付きしてしまいます。ですから、重ね敷きをしなければ、使えません。

薄いマットレス 底付きしやすい 長持ちしない ヘタリやすい
厚いマットレス 底付きし難い 長持ちする ヘタリ難い
薄いマットレス
薄いマットレスは、それ1枚で使うと、底付きしてしまい、寝ているときに身体が痛くなります。薄いマットレスは、重ね敷きをして使うことが前提となっている場合が多いので、注意して下さい。
厚いマットレス
厚いマットレスは、それ1枚を敷くだけで使えます。厚さが概ね5センチ以上、ゆとりをもって8センチ前後くらいのマットレスであれば、それ1枚でも底付きせずに十分に使えます。

 

高反発マットレス、腰痛マットレスの選び方

腰痛を緩和してくれるマットレスの選び方は、いくつかのポイントに分類されます。柔らかさ、硬さ、低反発と高反発の違いなどを知っておくと、自分に合ったマットレスを選ぶことができます。ニュートン値、密度などのことも知っておくと良いです。

ウレタンのニュートン値
ウレタンの硬さを表します
ウレタンの密度
ウレタンの密度。マットレスの品質、ヘタリやすさに関わってきます
マットレスの厚さ
マットレスが薄いと底付きしてしまいます。ある程度の厚さが必要となります。

サイズと重さをチェックする!

ウレタンを使用した同じサイズのマットレスがあったとします。どちらも同じサイズだけど、重さが違うという場合は、重いマットレスの方が、ウレタンの密度が高いという判断ができます。あくまでも、ウレタンの密度です。サイズと重さだけでは、全てを測り知ることはできませんが、選ぶ時のポイントとなりますので、気にしてみて下さい。

復元率(ニュートン値、密度が判らない場合)

ネット検索でヒットしてくれるマットレスの場合、ニュートン値、密度が判らない場合があります。そのような場合は、マットレスの復元率をチェックすると良いです。復元率とは、マットレスに使用されているウレタンフォームをJIS規格に則った試験を行った結果の数値です。ウレタンフォームを加圧して、押し戻る数値を測定したものです。復元率の数字が大きい方が、元の形状に戻りやすく、厚さの減少が少ないマットレスとなります。つまり、へたり難いマットレスです。

本当に良いマットレス!

ウレタンの密度が高くて、十分な厚さがあるマットレスが良いです。密度と厚さが十分にあり、そこにウレタンの硬さ(ニュートン値)を加えて考えると、自分に合ったマットレスを見つけることができます。硬さだけで選ぶのはいけません。ウレタンの密度だけで選んでもダメです。マットレスの厚さだけで、選ぶのも良くありません。

密度+厚さ+硬さ この3点が重要です!

良いマットレスの条件
硬さ(ニュートン値) 100~200Nくらい
密度 30~35D(Kg/m3)
厚さ 概ね8センチ前後

硬さに関しては、好みがありますので、柔らかいマットレスが良ければ、ニュートン値が低いマットレスを選ぶと良いです。

ウレタンフォームのニュートン値 詳細
腰痛マットレスの硬さ

 

寝ると腰が痛い、肩が痛い、腰痛はツライ

自分の体に合わない寝具を使っていませんか?

1人暮らしだし、とりあえず自分ひとりだから、適当な敷布団とか買ったんだけど、使ってるうちにペタペタの薄っぺらになってしまって、フローリングの硬さが敷布団を突き抜けてくる感じ? いつの間にか、寝ると腰が痛くなってきてしまうんだよね。やっぱり、よく考えてからマットレスを買えばよかったと後悔しているよ。

体に合わない寝具を使っていると、疲れを取るための睡眠が逆効果となり、腰痛、肩凝りの原因になることもあります。人間は寝る時にも適切な姿勢があります。その、寝る時の姿勢を適切にすることが大切です。特に柔らかいマットレス、敷布団を使用していると、身体が沈み込んでしまいます。だからこそ、腰痛対策のマットレスが必須なのです。身体が沈み込んでしまうと、腰が折れ曲がったような姿勢となり、腰に負荷が掛かってしまい、腰痛になってしまうことがあります。また、腰痛持ちの人は、余計に腰が痛くなってしまうことがあります。

 

布団の中に入っているのに、体が落ち着かない

ある!ある! 寝ているのに、落ち着かない感じ。敷布団のなかに自分の身体が沈み込んでしまって、なんかへんな体勢になってしまって、朝起きると腰が痛いし、首も痛いし、疲れが取れてないし、変な夢見るし。腰も痛くなってくるから。もうヤダ!

眠っているときに、体に負荷が掛かれば落ち着かないものです。そして、熟睡することができませんから、とても厄介な問題となります。場合によっては不眠症になってしまう人も居るようです。体に負荷が掛かるということは、体のどこかにチカラが入ってしまっている状態となります。また、自然と腰に負担が掛かりますので、腰痛になります。また、腰痛持ちの人は、余計に腰の痛みが悪くなります。実は体の疲れが取れないということもあります。

不眠症になってしまうと、頭の回転が鈍くなってしまい、機敏な動作をすることが難しくなります。また、物忘れも多くなってしまうこともあります。不眠症は日中の生活や仕事に支障をきたすことになりますので、大きな問題となります。

快眠するということは、明日のために疲れを取り、明日に備えるという意味もありますから、睡眠というのは、とても大切な時間なのです。ですから、エクゼクティブな人たちは、寝具にお金を掛けています。高級ベッドを使うというのは、お金があるからではなくて、明日に備えて、確実に疲れを癒すという意味があります。

また、睡眠時間というのは、人生の大半を占めますから、睡眠はとても大切なのです。

 

仰向けになったり、うつ伏せになったり、横向きに寝てみても、落ち着かない

仕事で疲れているからなのか、余計に眠れなくて、なんだか敷布団の硬さを感じてしまって、あっち向いたり、こっち向いたり、寝ているうちに鼻がつまって息苦しくなってきて、気付いたら朝になってた。朝起きたら、お肌がボロボロ・・・当たり前か。やっぱり、布団とかマットレスって、大切なんだということを実感した

仰向けで寝ることが、最も快眠を得ることができます。なのに、仰向けで寝ると腰が痛いという場合は、寝具が自分の体に合ってないということになります。余計に腰痛がひどくなってしまうことがあります。

寝ている時でも、腰というのは体の全体重を支えている大切な部位です。柔らかい敷布団、布団は、寝ている間に体が沈みこんでしまって、腰に負担がかかってしまいます。それこそが、寝ている時の腰痛の原因となります。腰が痛いときに、固い床の上で寝てたら、体が伸びて腰の痛みが軽減されたということは聞いたことあるかと思います。人間の体は、寝ているときでも腰に負荷をかけているのです。

疲れを取るための睡眠が、むしろ体が疲れてしまうという理不尽から解放したいと思いませんか? 快適な熟睡をするには、腰の痛みを軽減できる敷布団がオススメです。

 

高反発・低反発マットレスは、熟睡できない悩みを解決

疲れが取れないというのは、働きすぎではなくて、寝具が自分の身体に合ってない場合があります。高反発・低反発マットレスは、熟睡できない悩みを解決するための寝具です。快適な睡眠は、快適な明日をつくります。しっかりと睡眠をとり、スッキリとした気持ちで朝を迎えて、新しい1日を送りましょう。

マットレスを買い替えるということは、睡眠の悩み、快眠できない悩み、腰痛を軽減するための悩み解決になります。様々な、マットレスがありますが、自分に合ったマットレスを選ぶことが大切です。

この様な悩みをお持ちではありませんか?

  • 朝起きた時に腰が痛い
  • 寝起きがスッキリしない
  • 寝具が身体に合ってないと感じる
  • 夜中に目が覚める
  • 寝ても疲れが取れない
  • 熟睡間を感じない

寝ているときに腰が痛くなる人の特徴

  • スポーツをしている人
  • ペラペラの布団を使ってる人
  • 寝返りをしない人
  • もともと腰痛持ちの人

女性の場合だけど・・・腰痛を軽減するだけではなく、自分に合ったマットレスを使えば、寝心地抜群なので、翌朝は疲れがとれて肌がスッキリ!化粧のりが良いって感じる事が多くなりますよ。

もともと、デスクワークをしているから腰の負担は気になってたんだよね。腰痛マットレスに買い替えたら、疲れがとれるようになったし、腰が伸びて快適。通勤時の電車の中で立っぱなしでも腰の痛みを感じなくなったので、出勤が楽になったよ

 

理想的なマットレスは快眠を手助けしてくれる

寝ている間に緩んでしまう筋肉の代わりに背骨をしっかりと支えることができるというのがポイントです。筋肉が緊張しないよう、点で支え、高反発のチカラで押し返します。これこそが、腰痛マットレスのメリットであり、背骨をゆるやかなS字を維持できる仕組みです。

快眠ができるということが、本当に大切だと思います。快眠できないと、疲れがとれませんから。

寝ているときや、起床するときに腰が痛いと感じる人は多く居ます。腰が痛いというよりは違和感があるという人もいらっしゃいます。これは、寝ているときに腰に負担が掛かってしまい、腰周りの筋肉が緊張してしまい、痛みや違和感が発生しているということです。腰という部位は、人間の体のなかでも体重全体を支えている大切な部位となります。座っている時、立っている時でも腰には負担が掛かっており、寝ているときが最も負担を軽減することができると言われています。

寝ている時の姿勢というのは、体の筋肉が緩みチカラが入ってない状態となるからです。

体の筋肉が緩みチカラが入ってない状態となるからです。

逆に活動している時の様に姿勢を正すことができない状態となります。ですから、寝たときに肩や腰への荷重が大きくなってしまい、腰周りの筋肉、肩周りの筋肉が緊張してしまい、腰痛や肩凝りの原因となってしまいます。腰痛を予防するマットレスは、体のチカラが抜けてしまった状態を支えることができ、適切な寝姿勢を保つことができるマットレスです。

 

柔らかいマットレス、薄いマットレスの口コミ

柔らかい場合、体が沈み込んでしまい背骨が湾曲してしまいます。これでは、腰の痛みがひどくなるだけです。また、体が沈み込むことで底付きを起こしてしまいます。腰のS字カーブが崩れてしまい、腰痛を悪化させてしまいます。寝返りをする際にも必要なチカラがマットレスに吸収されてしまい、大きなチカラを必要としてしまい、余計に腰に負担がかかってしまいます。柔らか過ぎるマットレスは、衝撃を吸収しますので、心地よさがありますが、腰のS字カーブを崩してしまうということと、寝返りをするときのチカラも吸収してしまいます。

 

理想的なマットレス

体圧により沈み込み過ぎず、しかもマットレスが硬すぎず、反発し過ぎずというバランスがとても重要です。マットレス自体の反発が無ければ、体圧を分散することができませんし、下から押し返すチカラが弱くなってしまいます。マットレスの高反発があるからこそ、背骨をS字に維持することが、背中の痛み、腰の痛みを軽減することができます。

腰痛対策ができるマットレスは、高反発ウレタンが耐圧を分散してくれますし、寝返りしやすくなります。これにより、体の特定の部位に負担がかかりませんし、寝返りがしやすくなります。柔らか過ぎず、硬過ぎないマットレスを選ぶことが大切です。マットレスの柔らかさや硬さよりも、耐圧を分散してくれるマットレスを選ぶことが賢明です。

 

低反発マットレス

文字通り反発が低い、反発が弱いマットレスのことです。マットレスにチカラが加わると、ゆっくりと沈み込んで、変形していきます。ウレタン素材のマットレスが多く、ゆっくり沈み、ゆっくり反発しても戻るという特徴があり、チカラが加われば、その圧力に伴ってマットレスが変形しますので、体を包み込むように変形してくれます。

低反発マットレスは、反発が低いわけじゃなくて、押して、戻ってくるのがゆっくりということです。

低反発マットレスが向いてるのは?
低反発マットレスは、寝心地重視

 

腰痛マットレス

反発するチカラが強いマットレスです。チカラが加わっても、元に戻ろうとするチカラが強いです。ですから、体が沈み込み過ぎることがありませんし、マットレスの強い反発が体圧を分散してくれます。また、お気軽ときにもマットレスの反発を利用することで、起き上がりやすいというメリットがあります。

腰痛マットレスは、高い反発により、押して、戻ってくる反発が強いということです。

腰痛マットレスが向いているのは?
腰痛、肩こり予防