昨今、職場での腰痛対策が推進されています

働く環境が変わってきたということもあり、職場での腰痛対策が推進されています。主には介護事業、運送業、飲食店(サービス業)などは、立ちっぱなしだったり、重い荷物を持ち上げたりするような
仕事に就いている場合は、腰痛対策が大切です。

厚生労働省からPDFファイルが配布されています。
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/shakai_d.pdf

介護事業、運送業、立ちっぱなしの仕事に就いている人は、自分の身体の疲れを癒すためにも自宅では腰痛を和らげるようなマットレス、敷布団を使うと良いです。疲れをとって、元気に健康で仕事ができるようにしてくことは、とても大切なことです。

仕事は、たしかに疲れます。
ときには、理不尽だなと思うこともあります。

心身共に疲れてしまったら、自宅でゆっくりと睡眠をとって疲れをとりましょう。腰痛マットレス、高反発マットレスで、1日の疲れをとり、腰痛予防をしながら快眠ができます。

今日の疲れは、明日までにとるというのが大切です。

マットレスに関する口コミ情報サイト 2017/10/01