マットレスで眠りをアップデート

更新:

 

高反発マットレスで眠りをアップデート!

睡眠をハックする、快眠に対してコミットメントの強い高反発マットレスの紹介。未だに近代の名残ともいえる敷布団を使っていませんか?進化が加速した現代では、高反発マットレスを使う人が増えています。数年使っていたら、ヘタってしまって、柔軟性を失ってしまうような布団を使っていては、疲れをとることができないどころから、眠るだけで体力を奪われてしまうという、不毛な睡眠時間となってしまいます。

時代が進化してる、疲労も進化してる、マットレスも進化してる

時代は、変化しており、進化しています。働き方も変わってきました。パソコンを使う仕事が当たり前となりました。プログラマー、エンジニア、クリエイターという仕事に携わっている人は、既に気付いているかもしれません。疲労感が、以前よりも違うということを。パソコンを使った職種は増えていますし、パソコンを使うお仕事に就く人も増えています。時代が変化して、進化しています。

疲労も変化して、進化しています

だから、疲労も変化して、進化しています。そのことに気付いているはずです。だからこそ、疲れをとるマットレスが必要です。そして、座りっぱなし仕事をする人のための腰痛を軽減するマットレスが必要なのです。

腰痛マットレスも進化してます!

働き方改革があるならば、疲労回復改革があっても良い

働き方改革が推進されています。一億総活躍社会を実現することを掲げています。ならば、疲労回復改革があっても良いと考えています。しっかりと疲労回復できてこそ、元気よく働けます。

煎餅布団(せんべいぶとん)とか使ってませんか?

煎餅布団(せんべいぶとん)とか使ってませんか?近代の名残のひとつともいえる煎餅布団(せんべいぶとん)とか、畳の上に敷いて使う布団自体が既にオワコンとなりつつあります。畳のある家は、まだ多くありますし、うちにも畳部屋があります。だけど、寝るときっていうのは、ベッドを使うか、IoT対応のフローリング床暖房が備え付けられたお部屋で寝ることが多いはず。つまり、昔と比べて家は進化しており、アップデート済みということ。だけど、使う布団はレガシーな、古いタイプを使っているという人は少なくありません。アップデートされた家で住むということは、生活そのものがアップデートされている訳であり、その生活に合わせた高反発マットレスを使うということが必要になってきているというのが現代。

高反発マットレスは快眠できる

進化が加速した現代では、高反発マットレスを使う人が増えています。数年使っていたら、ヘタってしまって、柔軟性を失ってしまうような布団を使っていては、疲れをとることができないどころから、眠るだけで体力を奪われてしまうという、不毛な睡眠時間となってしまいます。高反発マットレスは、反発力が高いので、寝姿勢を適切にしてくれるので、寝ている時に腰に負担が掛かることがありませんし、寝返りもうちやすいのです。

また、綿を詰め込んだ布団というのは、短い時間でヘタってしまうことがあります。使えば、使うほどに厚みがなくなってしまい、いつしか柔軟性を失ってしまって、布団の上で寝ると、底付きしてしまって、腰が痛かったり、お尻が痛くなってしまうことがあります。高反発マットレスは、ウレタンフォームという反発力の高い素材を使っていますので、ヘタリ難いですし、長持ちしますし、寝姿勢を適切にしてくれます。高反発マットレスを使って、眠りをアップデートしましょう。結果的に、自分の生活全体がアップデートできます。ダイバーシティーに富んだ現代人に適した高反発マットレスが増えてきました。そのなかでも、現代人の睡眠にコミットメントする、おすすめの高反発マットレスを紹介します。寝ても疲れがとれないという人は、マットレスを変更して最適化することで、健康的な日々を送ることができます。

睡眠は人間の再起動・リブート

睡眠が大切であるということは理解しているものの、睡眠の目的を把握してない人は多いです。睡眠をとることで、身体を休めることができ、疲労回復することができます。そして、高反発マットレスで、眠っている時に寝姿勢を適切に保つことができれば、腰への負担を減らして、腰痛を軽減させてくれます。併せて、無駄なストレスを掛けずに睡眠をとることができます。コンピューターも電源を点けっぱなしにしておくと、熱を帯びてしまうし、メモリーも圧迫されてしまい、パフォーマンスが下がってしまいます。そういったときは、再起動・リブートさせたりします。人間も同じで、疲れたら再起動・リブート(睡眠)をすることが必要ということです。高反発マットレスで快眠して、翌朝起床したら、自分がスケールアップしているかもしれませんね。

高反発マットレスの通気性

高反発マットレスの殆どは、ウレタンフォームが素材として使われています。もともと、マットレスというのは湿気を帯びやすいのです。寝ていると人の体温で湿気を帯びやすくなってしまいます。高反発マットレスのメーカーそれぞれ、通気性を考慮しています。コンピューターでいうところの通風孔のような役割をするための仕組みを取り入れているマットレスが増えています。たとえば、側面をメッシュにしたり、ウレタンの表面に切り込みを入れたりしています。ウレタンフォーム表面の切り込みは、まさしくヒートシンクのようです。

おすすめ腰痛マットレス 2018年

2018年 おすすめ腰痛マットレスの紹介です。どのマットレスも特徴があり、体圧分散、湿気対策が施されています。サイズ・ラインナップも豊富です。

腰痛マットレスの選び方ポイント・口コミ

体圧分散
マットレスに密着する身体の荷重を分散させることができるかということです。身体の一部だけに荷重、負荷が掛かってしまうと、腰が痛くなったり、肩が痛くなったりします。また、マットレスと密着した身体の部分だけ、血流が滞ってしまうようなことを防ぐことです。身体の荷重を均等に支えることで、寝姿勢を保つことにもつながります。
湿気対策&通気性
腰痛マットレスと呼ばれているマットレスに使用されている素材は、ウレタンフォームです。ウレタンフォームの反発力を活かしてマットレスとなっています。ウレタンフォームの宿命は、湿気です。高温多湿な日本では、湿気があたりまえであり、湿気対策に悩むものです。

 

雲のやすらぎプレミアム

厚さ17センチ+通気性抜群!


写真:イッティ

お相撲さんが使っても潰れないマットレス

雲のやすらぎプレミアムが向いている人は、体重の重い人、太っている人です。雲のやすらぎプレミアムは、お相撲さんが使っても、ヘタらないマットレスです。千代丸関(体重約193キログラム)が使っても潰れないマットレスです。体重が重くて悩んでる人は、雲のやすらぎプレミアムがオススメです!

雲の安らぎプレミアムは、凹凸アルファマットと高反発スプリングマットによる相乗効果により、適切な寝姿勢を保つことができるので、快眠ができるマットレスなのです!販売元は、イッティです。東京にある会社です。健康食品、健康器具など様々な商品を販売しており、健康に関する製品・商品には、ノウハウがあり、本当に良いと感じる商品提供をしています。雲のやすらぎ は、布団職人が作っており、メイドインジャパンです。品質のクオリティが高く、とても信頼ができます。使用されているウレタンの密度も高くなっており、長く使えるマットレスを真剣に考えていることが伺えます。使用されている人の口コミでも、ランキング上位に入ってきているのが、雲のやすらぎプレミアムです。雲の安らぎプレミアムの口コミ情報も充実していますし、実際に購入した人の体験談なども確認することができます。

九重部屋の千代丸関も絶賛 雲のやすらぎプレミアム 紹介動画

クロスクラウド製法

クロスクラウド製法とは、マットレスを構成している縦の繊維と横の繊維を交差して織り込んでおり、従来のマットレスよりも表面の弾力性が高くなっています。

寝ると肩、背中、腰周りだけが沈み込んでしまうことがあります。これが、腰痛の原因になることもあります。クロスクラウド製法は、身体の沈み込みを防ぐことで、寝ているときの筋肉の負担を減らすことができます。ですから、寝ていても疲れない、寝ていても腰が痛くならない、快眠ができるということです。

厚さ17センチ!底付きしない5層構造

雲のやすらぎプレミアムの最大の特長は、厚さが17センチという点です。従来のマットレスや敷布団の場合、厚さが5センチ~8センチくらいのタイプが多いです。雲のやすらぎプレミアムは、17センチという厚さがあるので、底付きしません。

底付きというのは、マットレスの上で寝ると、沈み込んだ身体が体重負荷によりマットレスの弾力を突き抜けて、床にまでついてしまうことです。雲のやすらぎプレミアムは、底付きを防ぎます。

ですから、背中が痛くならないマットレスとしても人気があります。

だけど、通気性抜群!

厚さ17センチもあると、通気性が悪いと思われるかもしれませんが、雲のやすらぎプレミアムは通気性能が高いです。通気性能抜群です。

雲のやすらぎプレミアム サイズと価格

ラインナップ 幅・長さ・厚み(cm) 価格(税込)
シングルサイズ 100・200・17 39,800円
セミダブルサイズ 120・200・17 49,800円
ダブルサイズ 140・200・17 59,800円

おすすめの高反発マットレス 雲の安らぎプレミアム

ゴルフというスポーツは、腰痛になりやすいスポーツです。その理由は、ゴルフスイングという動作が、腰に負荷を掛けてしまうからです。ゴルフスイングは、身体を捻転させるのですが、実はゴルフクラブを振り下ろしてくるときに、腰にチカラが入るので、負荷が掛かるのです。もちろん、捻転することも腰に負担を掛けるのですが、ゴルフクラブを持ちあげて、振り下ろしてくるときの方が、腰に大きな負担を掛けます。つまり、重いモノを持ち上げたり、引き下ろしてくるときの動作に近くなるということです。

腰痛持ちのゴルファーは多い

腰痛持ちのゴルファーは多いです。長年、ゴルフをしている人の殆どは腰痛持ちです。時々、練習場で腰に巻き付けたコルセットが、背中から見えているような人も居ますよね。腰が痛くても、練習を欠かさずに、スコアアップを目指しているんでしょうね。自分も腰が痛くても、練習をするようにしています。ある程度、動かすようにしておいた方が、腰痛が和らぐからです。もちろん、ゴルフ練習をしてスコアアップも目指してます。

動かしていると腰痛が治まる

腰が痛くても、練習をしていたり、ゴルフをしていると、腰痛が和らいでくることがあります。動かしていると、不思議なのですが、腰痛が和らぎます。動いていると、腰周りの筋肉を動かしたり、伸ばしたりするので、痛みが和らいできます。

寝起きは腰が痛い!

寝起きは腰が痛いです。起iき上がれないこともあります。寝ているときに、腰回りの筋肉が固まってしまっているんです。起き上がって、腰を伸ばしたりしていると、動かせるようになります。長年、ゴルフをいていると、肘が痛くなることもあります。それを、ゴルフ肘と呼びますが、腰が痛くなることを、ゴルフ腰と呼んでも良いかもしれません。

巻きタオルを腰の下に敷いてみる

寝起きで腰が痛くなることがあるので、寝る時にはタオルを丸めて腰の下に敷いて寝たりもしていました。丸めたタオルを腰の下に敷いておくと、腰周りがタオルに押されて、少しだけ浮き上がったような状態となり、腰周りを伸ばすことができます。ただ、寝ているときに寝返りをするので、丸めたタオルが解けてしまっていることもありました。そういったこともあり、寝ているときに腰を伸ばしておける腰痛対策の高反発マットレスを使うようになりました。

雲のやすらぎプレミアムを使い始めていますが、とても快適です。

 

オクタスプリング

キャンペーン価格 65%OFF ~ 68%OFF


写真:オクタスプリング
オクタスプリングのマットレスは、3Dウレタンスプリングを採用しており、体圧分散、通気性が良くなっています。高反発と低反発が融合したハイブリットな反発力となっており、次世代のマットレスです。

 

エアツリーマットレス

キャンペーン価格 50%OFF


写真:http://tobest.jp
エアツリーマットレスは、キャンペーン価格で半額となっています。激安です。体圧分散を考慮して、ウレタンフォーム表面に切り込みが入っており、その形状がまるでツリー(木)のようになっています。ですから、エアツリーマットレスと名付けられています。身体の沈み込みを抑えながら、体圧分散をして、血行の妨げを防止してくれます。

 

ライズのマットレス

ライズのマットレスは、使用されているウレタンフォームが良質です。密度も高く、体圧分散を考慮した形状をしています。厚さを選ぶこともできますので、自分好みの形状と厚さを選ぶことができます。

 

腰痛マットレス コスパ最強! おすすめ 安い

値段が安いマットレスも多くあります。1万円前後で購入できるマットレスもあります。それなりの硬さがあり、それなりの反発力となりますが、折り畳みができたり、丸めて収納ができるマットレスもあり、日常生活の必需品です。腰痛対策よりも、価格重視という人にはオススメできます!
コスパ 最強! マットレス 紹介

雲のやすらぎプレミアム

マットレスと敷布団が融合した厚さ17センチの雲やすらぎプレミアムは、は、マットレスとしてのクオリティの高さからして、価格は安い方に分類されます。

ラインナップ 幅・長さ・厚み 価格(税込)
シングルサイズ 100cm・200cm・17cm 39,800円
セミダブルサイズ 120cm・200cm・17cm 49,800円
ダブルサイズ 140cm・200cm・17cm 59,800円

価格で選ぶ 30,000円以下で購入

価格だけで選びたいと考えている場合は、キャンペーン価格のマットレスを選ぶと良いです。従来のマットレスの半額くらいの価格で購入ができるマットレスがあります。

オクタスプリング 65%OFF~

シングルサイズのマットレス+トッパーカバーセット 58,000円が65%OFFで19,800円(税込)となっています。セミダブル、ダブルサイズも格安となっています。

エアツリーマットレス 50%OFF

66%OFF 19,800円にて購入ができます。良質な腰痛マットレスが30,000円以下で購入できるというのは、お買い得です。

 

腰痛マットレスのおすすめメーカーに関する口コミ

人気マットレスが増えてきました。とくに、腰痛に良いとされるマットレスの種類が増えてきました。特長としては、ウレタンを使用した高反発となっており、体圧分散、身体の沈み込みを軽減させてくれる構造となっています。ですから、腰痛持ちの人にも良いマットレスとして人気があります。西洋の文化である、ベッドとマットレスという組み合わせを、高温多湿な日本に持ち込むことで、マットレスは日本の風土、住環境に適応できるようにアップデートされてきており、快眠できるマットレスが増えています。

 

使用している素材に関する口コミ

ウレタンを使用したマットレスが多い。だから、ウレタンの質を見極めることが重要!
腰痛対策マットレス、高反発マットレスに使用されている素材で最も多いのが、ウレタンです。ウレタンとひとことで言われていますが、
ポリウレタンフォームのポリを省略してウレタンと呼ばれているだけです。ウレタンという素材の特長としては、気泡が連なっており、復元性があります。ウレタンの特質である、柔らかさ、復元力がマットレスの寝心地となっているとも言えます。

ウレタンの密度、反発力、厚みが重要

ウレタンを使用していれば良いという訳でもなく、重要なのはウレタンの密度、反発力、厚みです。高反発マットレスと呼ばれるマットレスは、ウレタンの密度、反発力、厚みがあることが基本的な条件となります。ウレタンの復元力を活かして、沈み込んでも底付きせずに、元に戻るという、これこそがウレタンという素材の性能です。

ですから、高反発マットレスは、身体の一部の沈み込みを防いで、腰への負担軽減につながるということです。低反発では、沈み込んだままとなってしまい、身体が湾曲した状態を維持してしまいますから。

腰痛対策マットレスと高反発マットレスって、同じなの?
腰痛対策マットレス と 高反発マットレスというのは、言葉が違うだけで、ウレタンを使用していれば、同じ意味です。ネーミングが異なるだけで、ウレタンの性質を活かしたマットレスという意味では、腰痛対策マットレスも高反発マットレスも同じです。ウレタンの反発力が高いから、沈み込みを抑えて、身体の一部に負担が掛かりませんよ、だから腰痛持ちの人にも良いですよという意味です。
ウレタンの復元力がポイント
ウレタンの復元力が高い(高反発)だから、高反発マットレスであり、腰痛対策マットレスであると言えます。

最近の腰痛対策マットレスは全部同じなの?

だから、最近よく見かける腰痛マットレスとか、高反発マットレスというのは、全部同じってことでしょ?と言われてしまいますが、そうでもありません。ウレタンという素材の性質を活かして、反発力を得ているマットレスであることは間違いありません。併せて、日本の風土に合わせた、通気性を取り入れているマットレスが殆どです。多湿から守る工夫がなければ、マットレスを敷いている裏面は湿気でいっぱいになってしまうからです。

ただ、各メーカー様々なアイデアを取り入れていますので、そのアイデアや工夫をチェックしてみると、他のマットレスとの違いが見えてきます。

ウレタンの表面を凹凸にしている
表面を凹凸にしているマットレスは多いです。面で支えるのではなく、点で支えることで、体圧を分散するという考えです。
ウレタン内部にまで切り込みを入れている
ウレタン内部にまで切り込みを入れて、体圧分散に配慮しているマットレスもあります。
別素材をウレタンで挟み込んでいる
別素材といっても、反発力の高いウレタンを挟み込んでいるマットレスが多いです。そうすることで、底付きを防ぐ事ができますし、復元力がアップします。

 

職業別、おすすめ腰痛マットレス

プログラマー、エンジニア、クリエイター向けのマットレス

座りっぱなしの仕事といえば、プログラマー、エンジニアです。クリエイターなどもそうですね。主には、座りっぱなしで、長時間に渡ってパソコン操作をするような仕事に就いている人は、モニターを見入るように首を前に出しますし、背中が丸くなります。つまり、自然と猫背のような姿勢となり、首が痛くなるし、背中も痛くなる。そして、いつの間にか腰に負担が掛かってしまい、腰痛持ちになってしまうこともあります。
プログラマー・エンジニアと腰痛マットレス

立ちっぱなしの仕事

立ちっぱなしの仕事の場合は、右脚か、左脚のどちらかに体重を掛けていることが多く、身体が傾いてしまいます。それが、腰痛の原因となっている場合が多いです。寝ているときくらいは、腰への負担を減らして、しっかりと疲れを癒しましょう。

運送業の人

荷物を運ぶからこそ、腰への負担は大きいです。パレット積みの荷物であれば、リフトを使うこともできますが、リフトばかりじゃなくて、手積みをしなければならないこともあります。そういった場合は、肘が痛くなることもあります。肘をかばって手積みをすると、腰に負担が掛かる。どちらにしろ身体を酷使することになります。腰痛マットレスを使って、自分の身体を優しく労わってあげてください。
運送業と腰痛とマットレス

スポーツで腰が痛い人

スポーツで腰が痛いという人は、とても多いです。身体を動かしますから、色々な部位に負荷が掛かりますが、もっとも負担が掛かるのは、腰です。腰を悪くするスポーツといえば、ゴルフ、釣り、ロードバイクです。

ゴルフ

ゴルフスイングは、身体を捻転させます。そして、一方向への動作が基本となりますから、腰への負担は大きいです。また、ゴルフでの構え、アドレスというのは少し前屈みになった姿勢となります。そこから、ゴルフスイングをしますので、腰だけではなく、首への負担も大きいです。
腰痛持ちゴルファーとマットレス

釣り

ゴルフに近いのですが、釣り竿を大きく振って、投げるという動作、キャスティングというのは、意外にも腰に負担が掛かったりもします。投げるという動作が、腰への負担となります。釣りに詳しい人であれば、キャスティングの飛距離を競う大会もあったりします。地味に腰への負担が掛かるのが釣りです。腰に違和感を感じたら、腰痛マットレスを使って、腰への負担を減らしてあげましょう。
釣りのキャストと腰痛マットレス

ロードバイク

ロードバイクというのは、自転車です。流行しはじめてから、かなりの年月が経過し、ロードバイクって腰に負担がかかるんだなと気付き始めている人は少なくありません。ロードバイクの場合は、姿勢が腰への負担を大きくします。前屈みの姿勢となり、背中を丸めますから、当たり前のように、腰と背中への負担が大きくなり、腰痛持ちとなります。
ロードバイカーには、腰痛持ちが多い

 

スポーツ選手が使ってるマットレス

 

サイトマップ