高反発・低反発マットレス の 紹介 2017年最新

もともと、私はゴルフが大好きで腰への影響にはとても気を使っている方です。ウォーキング、ジョギングなどもしています。とくに、ゴルフスイングは体を捻転させますので、腰に負荷が掛かります。そのようなことから、低反発マットレス、高反発マットレスを使って、睡眠中でも腰に負荷が掛からないようにしてきました。とにかく、低反発マットレス、高反発マットレス等をいろいろ試してきましたので、紹介します。

 

腰の痛みを気にせず眠れるマットレスの紹介

 

 

寝ると腰が痛い、肩が痛い、腰の痛みはツライ

自分の体に合わない寝具を使っていませんか?
体に合わない寝具を使っていると、疲れを取るための睡眠が逆効果となり、腰の痛み、肩凝りの原因になることもあります。人間は寝る時にも適切な姿勢があります。その、寝る時の姿勢を適切にすることが大切です。

布団の中に入っているのに、どこか体が落ち着かないということはありませんか?
眠っているときに、体に負荷が かかれば落ち着かないものです。そして、熟睡することができませんから、とても厄介な問題となります。場合によっては不眠症になってしまう人も居るようです。

不眠症になってしまうと、頭の回転が鈍くなってしまい、機敏な動作をすることが難しくなります。また、物忘れも多くなってしまうこともあります。不眠症は日中の生活や仕事に支障をきたすことになりますので、大きな問題となります。

仰向けになったり、うつ伏せになったり、横向きに寝てみても、落ち着かないということはありませんか?
仰向けで寝ることが、最も快眠を得ることができます。なのに、仰向けで寝ると腰が痛いという場合は、寝具・マットレスが自分の体に合ってないということになります。

寝ている時でも、腰というのは体の全体重を支えている大切な部位です。柔らかいマットレスや布団は、寝ている間に体が沈みこんでしまって、腰に負担がかかってしまいます。それこそが、寝ている時の腰の痛みの原因となります。

腰が痛いときに、固い床の上で寝てたら、体が伸びて腰の痛みが軽減されたということは聞いたことあるかと思います。人間の体は、寝ているときでも腰に負荷をかけているのです。

疲れを取るための睡眠が、むしろ体が疲れてしまうという理不尽から解放したいと思いませんか? 快適な熟睡をするには、腰の痛みを軽減できる敷布団がオススメです。

ページ上に戻る

 

 

高反発マットレス・低反発マットレスは、熟睡できない悩みを解決

寝ても疲れが取れないというのは、働きすぎではなくて、寝具が自分の身体に合ってない場合があります。高反発マットレス・低反発マットレスは、熟睡できない悩みを解決するための寝具です。快適な睡眠は、快適な明日をつくります。しっかりと睡眠をとり、スッキリとした気持ちで朝を迎えて、新しい1日を送りましょう。

この様な悩みをお持ちではありませんか?

  • 朝起きた時に腰が痛い
  • 寝起きがスッキリしない
  • 寝具が身体に合ってないと感じる
  • 夜中に目が覚める
  • 寝ても疲れが取れない
  • 熟睡間を感じない

寝ているときに腰が痛くなる人の特徴

  • スポーツをしている人
  • ペラペラの布団を使ってる人
  • 寝返りをしない人
  • もともと腰痛持ちの人

ページ上に戻る

 

 

ウォーキング、ゴルフなどのスポーツをしている人にオススメです!

健康に関する知識や情報が浸透してきた現代では、率先してウォーキング、ジョギングなどをしている人が増えてきました。歩いたり、走ったりするというのは二足歩行ができる人間だからこその動作です。健康のためにウォーキング、ジョギングを始めたのだけど、歩けば歩くほど腰が痛くなるというのは、寝ている時に腰に負担が掛かっている可能性があります。寝ているときくらいは腰への負担を軽減させて、疲れがとれるようにしなければなりません。

ゴルフというスポーツも歩きますから、基本的にはウォーキング・ゲームであると言われています。芝生の上を歩くのは、アスファルトやコンクリートの上を歩くよりも関節や腰に負担が無いと言われており、老若男女問わず人気の高いスポーツです。ゴルフというスポーツは歩くだけではなく、ゴルフスイングという腰をつかった動作をします。これが、腰に負担を掛けてしまいます。ゴルフというスポーツはアドレスに始まり、アドレスで終わるというくらい、ボールの前で構えた時の姿勢が大切であると言われています。ゴルフをしている人は、寝ているときの姿勢を考えて、腰に負荷をかけないような布団を使うことで、腰への負荷を軽減させることができます。

関連記事

ページ上に戻る

 

 

理想的な、おすすめマットレスは快眠をサポートする

上のイメージ図の様に、寝ている間に緩んでしまう筋肉の代わりに背骨をしっかりと支えることができるというのがポイントです。筋肉が緊張しないよう、点で支え、高反発のチカラで押し返します。これこそが、高反発マットレスのメリットであり、背骨をゆるやかなS字を維持できる仕組みです。

柔らかい薄型マットレス

柔らかい場合、体が沈み込んでしまい背骨が湾曲してしまいます。これでは、腰の痛みがひどくなるだけです。また、体が沈み込むことで底付きを起こしてしまいます。

硬いマットレス

マットの沈み込みが少なく、寝心地が悪くなってしまいます。まるで、フローリングの床の上で寝ているような状態となってしまいます。マットレスと接する部位が痛くなってしまい、逆効果です

理想的なマットレス

体圧により沈み込み過ぎず、しかもマットレスが硬すぎず、反発し過ぎずというバランスがとても重要です。マットレス自体の反発が無ければ、体圧を分散することができませんし、下から押し返すチカラが弱くなってしまいます。マットレスの高反発なチカラがあるからこそ、背骨をS字に維持することが、背中の痛み、腰の痛みを軽減することができます。

関連記事

ページ上に戻る

 

 

雲のやすらぎ 高反発敷布団

敷布団シングルサイズで軽量なマットレスです。

睡眠時には、腰の負担が大きくなります。
体圧を点で分散させることにより、腰、首、肩の負担を軽減できる。

 
睡眠時は、体の重い部位に多くの負荷がかかってしまいます。例えば、男性の場合、頭に肩部に約30%、腰部に約40%もの体圧がかかると言われています。これが、例えば柔らかすぎる敷布団で寝た場合、沈み込みすぎるため、腰により大きな負荷がかかってしまい腰の痛の原因になることがあります。つまり、適度な反発で体圧を分散させることが、睡眠時の各部位の負担を軽減させるうえで重要になります。さらに、多くの敷布団は表面が平らな素材を使用しておりますが、もっと理想的なものは、表面を均一に凸凹とした形状にし、表面の点で体を支えることで、体全体の体圧を均等に逃すことです。生活の三分の一は睡眠で占めています。毎日の睡眠時に腰への負担を軽減できるのは、雲の安らぎです。

関連記事

オススメ! マットレス

雲のやすらぎ

 

モットン

マットレスといえばモットンといわれるほどの知名度です。腰の痛みで悩んでいる人を対象にモットンのマットレスを使ってもらい、そのアンケート、使用具合などを調査して、より良いマットレスの開発に取り組んでいます。

中日ドラゴンズで活躍してきた、元プロ野球選手の山本昌広さんも愛用していたということもあり、瞬く間に知名度が高まりました。返金保証制度もあり、安心して購入ができます。

マットレス【モットン】の詳細はコチラ

 

マニフレックス

イタリアからやってきた寝具です。有名なスポーツ選手が使っているということもあり、とても知名度の高いマットレスです。テレビショッピングなどでもよく登場します。日常的に使用するマットレスというよりは、少し高級感のあるブランド的なマットレスというイメージがあり、ブランド力は流石です。高反発マットレス、高反発枕などがあります。お洒落で洗練されたモダンなデザインは美しさを感じます。

トップアスリートも認める「マニフレックス」